大苦戦中の1棟マンション



私は、私の運営する法人で42軒、個人で4軒の物件を管理しています。



個人で所有する1棟マンションが、現在は大苦戦中です。



この1棟マンション(9室)は、ある方から、値切りに値切って何と270万で購入した物件です。





270万で買えるということは、普通の物件じゃない。平成に建てられた、私にとっては築浅物件。当初は億で売られていたのが、売買を経るごとに驚異的なペースで値崩れしていき、そんな売値になったのだ。




安い理由は、事故ではなく、立地の圧倒的な悪さ。



京都市の隣の隣の市であるにもかかわらず、何と「過疎地域」に指定されています。



京都は、大阪方面へはずっとベッドタウンや都会が続きますが、それ以外の方向へは、京都を出ると極度に田舎になります。




家賃は「9室全てまとめて」49,500円という、奇策を打って出たものの、なかなか入らない。



一般の不動産屋からはもちろん全く相手にされない。




そこで、私は、あることを思いつきました。



秘策です。




続きは次回!










朝焼け・夕焼けの時間帯って、「予定」に組み込むべきだと思いませんか? 




無料で、雨天であっても毎日見ることができるんです。





今の時期の夕刻であれば、16:45~17:30頃を、私は「予定」としてブロックしておきます。




「打ち合わせは17時にいかがですか?」と聞かれると、私は「その時間は予定がありまして、」なんて答えるわけです。


実は夕焼けを見たいだけなんですね。



誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続けて全国制覇へ動き出す、廃墟不動産投資家のブログ『9億円への道』



ふざけているようですが、実は、違います。



 そのような美しい景色で日々心を洗うことにより、奇想天外なアイデアを創出し、お客さんに感動してもらうという、必要経費時間として確保しています。





今日は大晦日。毎日、365日が特別な日。いつもと変わらぬ、365分の1の着実な進化の日とします。
















「大苦戦中の1棟マンション」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    部屋数と所在地からして貴殿がお持ちの物件のようですが、
    床面積が112.48m²となっています。

    正しいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です