2020年代で、不動産投資で勝ち続けていそうな人の戦略とは?




今後、少しずつ賃貸経営が厳しくなっていく可能性が高いことを、ご存じだろうか?



よく言われている人口減少に加えて、

とどまることを知らない新築の開発、際限なく続くマンション建設により、

物件がどんどん供給過剰になっていく。



今のところ、賃貸経営は楽勝だ。



適当にやっていても、ほとんどの人がだいたい稼げる。



しかし、2020年代になって、物件超供給過剰時代に突入すると、

稼げない人が続出し、実力者しか楽に儲けられないようになるのかもしれない。




そういう時代に必須な力を、下に記す。



それは、ズバリ、

「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」だ。



「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」が強い人は、

2020年代になってもなお、賃貸経営は楽勝のままだ。



リーマンショックを遥かに凌駕する大恐慌が起きても、

「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」があれば、全く入居者に困ることはない。



自分の物件の周囲に新築激安アパートが建設されようとも、

「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」があれば、常にだいたい満室稼働できる。



今、過疎化の進んでいるような地域では、全空室アパートが激安で売られていることもある。



これからは、そういう物件はえんさんのように無料GETできるかもしれない。



不動産の素人でも、地方の全空室アパートを無料でGETして、

「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」で満室にすれば、

いきなり最強レベルの投資家になれる。



今でも、地方のボロアパートを安く買って、

「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」で満室にすれば、

利回りは軽く85%を超えるだろう。




意欲ある方々には、「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」をお勧めしたい。



「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」はまだ、

かなり少数の投資家しかその力を駆使していない。



そんな力を使わなくても、入居者は普通に見つかるからだ。



しかし、今と比較して物件数が倍近くになり、入居者が3割減ってしまうような状況(つまり競争率が今の約3倍)になると、

「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」を知らない大家さんは随分と苦労するだろう。



今は「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」はさほど必要ないが、

将来、賃貸経営が非常に厳しくなる時代に備え、

今から「酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力」を強化していこうと思っている。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




「2020年代で、不動産投資で勝ち続けていそうな人の戦略とは?」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    どう計算したら、

    今と比較して物件数が倍近くになり、入居者が3割減ってしまうような状況



    競争率が今の約3倍

    になるのか意味が分かりません。
    教えてください。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    現在の入居希望者が100%から70%になり、
    現在の物件数100%から200%になると、
    約3倍。

    3秒以内にわかるか、直感でとらえられないと、
    投資家に向いてないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です