しつこいけど、2030年の賃貸経営について with 乞食&~のトーク会写真


全国民のうち、現在の生保受給率は3.1%だ。



景気が回復しても停滞しても、どんどん上がっていく。



高齢化、清貧意識の減退、生涯の既得権化など、要因はいろいろある。



いずれ、あと20年、30年したら、生保受給率が10%を超える日が来るのかもしれない。




官僚や政治家でないのなら、嘆いていても仕方ない。



賃貸市場で、生保受給者生保受給者との経済格差が本格的に逆転する時代が、

近付いているのだ。




生保受給者は、住宅扶助の限度額で家を探せる。



生保受給者は安い物件にしか行けない。



そういう格差だ。



20年後、30年後、不動産投資家の中で、

入居者の中に占める生保受給者率が、成功大家さんの重要な指標の一つになっているかもしれない。




あらゆるビジネスが、やりやすくなる。



さらに稼ぎやすい社会になっていく。



これからの世の中が楽しみだ。



将来は常に明るいものだと、相場は決まっている。



これからの希望が多過ぎて、何となくドキドキする。



変化する時代は、エキサイティングだ。




地方のボロ木造アパートが1棟10万で買えるのは、あと何年後?



ロボットがペンキを塗ってくれるのは、10年後かな?



20代で数億稼ぐ不動産投資家が割と普通になる?




時代の波は、できるだけ先読みしておきたい。



先読みすること自体が、結構面白い。

 ← ランキングサイトで不動産投資を学べます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です