賃貸経営への追い風は継続。


 

アパート・マンション・戸建において、

 

これほど、一般のサラリーマンや不動産投資家が増えたにも関わらず、

 

いまだに多数を占めるのは、旧来型の地主系の大家さんだ。

 

 

地主系の大家さんは、とにかくトラブルを恐れる。

 

 

0301賃貸経営への追い風は継続。 (1)
「税金が上がるから入居者に入ってほしくない」

 

「苦情を聞きたくないからもっと空室を増やしたい」

 

「生活保護者なんてもってのほか」

 

「入居者は大学生か上場企業の正社員のみで、保証人は上場企業勤務の親のみ」

 

など、「何としてでも満室にしよう」なんて意気込みは皆無に近い。

 

 

今後、不動産投資に参入する人は、旧来型地主系大家さんの入居者をコツコツ引っ越しさせていけば、

 

まだまだ安泰だと言える。

 

 

それは、旧来型地主系大家さんのニーズにもかなう。

 

 

廃墟不動産投資であれば、旧来型地主系大家さんの物件を借りてあげれば、

 

大いに喜ばれるし、しかも利回りは100%を超える。

 

※そもそもほとんど投資していないため 具体的な数字は、10~20万の投資で毎月2~3万(毎年24~36万)ぐらいのイメージ

 

 

0301賃貸経営への追い風は継続。 (3)これからは生活保護者もどんどん増えるので、賃貸経営にはますます追い風が強まると思う。

 

 

ただし、工務店に2,000,000円と見積もられて、「何とか1,950,000円で。。」なんて思っていると、そんなに稼げない。

 

 

やはり、工務店に2,000,000円ならば、工夫して10万で済ませたい。

 

 

リフォームの秘技を結集したDVDを、いずれ世に出したいと考えている。

 

 

あえて、安価にはしないつもりだ。

 

 

0301賃貸経営への追い風は継続。 (2)私は、稼ぎたいという気持ちはそんなに強くなくなってしまったが、

 

 

安価にすると、しょぼいノウハウだと思われてしまうので、正当な価格を設定したい。

 

 

先月の名言

 

半年も会わないと、別人になる。

 

1年会わなければ、記憶は全て消える。

 

廃墟不動産投資家 2016 02 20

 

 

今日の名言

 

目を背けたい現実を、直視せよ。涙がこぼれるかもしれない。

 

それはやはり、にわかに信じられないかもしれない。。

 

しかし、まざまざと直視することによって、奇跡的な逆転の未来が生まれるのだ。

 

廃墟不動産投資家 2016 03 01


「賃貸経営への追い風は継続。」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です