悔しさを活かす力


悔しい気持ちの蓄積と、突き抜ける力は比例する。



仕事でうまくいかなかったとき、悔しい気持ちがこみ上げる。



これをそのままやり過ごすと、もったいない。



悔しさは、実のところ爆発的な威力を発揮する。



悔しさは、それまでの自分を塗り替えて、新しい自分になるためのさまざまな画策を自発的に編み出してくれる。



驚異の想像力を喚起してくれるのだ。



悔しい思いをたくさん経験すると、必ず突き抜けられる。



私は今、悔しい思いをしており、このままでは激しく嫌なので、その解決策として、これまでよりも遥かに高い戦闘力を身に付けようと思う。



昨日までの自分を圧倒的に凌駕する、明日の自分へ、未知の速度をも超えて駆け抜けたい。



今、我ながらいい言葉を発した。



未知の速度をも超えて、駆け抜けたい。


人気ブログランキングへ 見っけて

続きを読む 悔しさを活かす力


需要と供給の強烈な不一致


需要過多で供給不足のビジネスは、誰でも簡単に稼げる。



質は関係ない。



本当に誰でも稼げる。



低品質なものを高く売っても大丈夫だ。



需要過多で供給不足のビジネスはどういうものがあるのか?



あえて答えはここに書かない。



「教えてください」と言われても、教えない。



「教えてほしい」と思った人は、気付いてほしい。



街を観察していればすぐにわかることだ。

私が安易に

「サラリーマンを辞めて適当に独立すれば、年収500万ぐらいなら簡単に稼げますよ」

と言うのは、あまりにもたくさん、簡単に稼げるビジネスがそこかしこに転がっているからだ。



「おいおい、俺はそれをやる予定なのに、参入されたら困るだろ、そういうこと言うなよ」

と思う人もいるだろう。



でも大丈夫。



気付かない人は、いくら考えても気付かないし、



気付く人は、どんな状況下においても気付くものだ。


人気ブログランキングへ 見っけて


続きを読む 需要と供給の強烈な不一致