献本についてお詫び


↑ ランキングのサイト


↑ もうすぐ出る私の本
 



今まで、いろいろな著者の方から献本をいただきました。

 

※受け取った側からすると、正確には「恵贈(けいぞう)いただいた」と言いますが、
ここではわかりやすく「献本」で統一します

 

 

献本とは、本を書いた著者が、発売前に、

 

「友人だから、本をあげるね 読んでね」

 

「尊敬するあなたに、私の本をお送りします」

 

「ぜひ宣伝してね♪」

 

みたいな意味で、本を郵送することです。

 

 

私も、今まで献本いただいた方や、友人に、献本しようと思っていました。

 

0602献本についてお詫び (2)
「本、出すんだー」

 

「へー、じゃあ献本してね♪」

 

「もちろんだとも」

 

みたいなやり取りをしてきました。

 

 

でも、申し訳ありません。

 

 

手元に無いんです。。 

 

0602献本についてお詫び (3)
著者の私自身、買わないと本が読めないのです。

 

※製本前の原稿のみ、あります

 

「おい、俺は献本したのに、お前は俺にわざわざ買わせる気か!」って怒られそうですが、

 

本当に本が手元に無いのです。 

 

 

発売後に購入して、郵送するのは献本とは言いません。


 

 

0602献本についてお詫び (1)
つまり、今まで献本いただいた方や、友人をはじめ、家族や親戚にすら、献本できません。

 

 

そこで、お詫びとして、今まで献本いただいた方や、献本すべき友人の方々に、

 

ご飯をおごります。

 

 

ランチでも懐石でもどちらでも良いです。

 

 

献本したい。

 

献本したかった。

 

せめて献本の代わりに、、。

 

献本できなくても、この気持ちだけは、届いてほしい。

 

↑ ランキングのサイト


Re: 説教されました。


これってどんな内容なん?

 

↑ このサイトで不動産投資の学習がタダでできます


前回記事 説教されました。 で、多くの方から激励をいただきました。

 

 

心より感謝しております!!

 

 

大好きです。

 

 

不動産系の人気ブロガー・日本海大家さんが、

 

説教されました。 の記事について、書かれました。 →こちら

 

 

説教の出来事は創作ではないのですが、分析がお見事です。

 

「彼は天才ではなく、秀才だ」

 

「山奥で本を読んで必死に努力している」

 

のあたりは、圧巻です。

 

 

「なぜご存じなのか?」と驚きます。

 

 

日本海大家さんにお会いしたのは1度なのに、ここまで深く洞察されることができるのは、

 

すごいことだと思います!

 

 

感動します。

 

 

なお、日本海大家さんのご指摘のように、

 

さすがに「寓話」とまではいかないのですが、

 

私はブログ自体に、「符丁」のような意味を持たせています。

 

 

「符丁」とは、特定の人だけに何かを伝えるという意味です。

 

 

ブログでは、文章そのまんまの意味に加え、

 

特定の人に向けて、別のメッセージを持たせています。

 

 

写真もそうです。

 

 

ただの猫の写真でも、ある人に向けて、あるメッセージを伝えています。

 

 

「俺は関係ないな」「私じゃないな」

 

と思わないでください。

 

 

あなたが、気付いていないだけかもしれません。

 

 

ちなみに、単体の記事で何かを伝えているだけではありません。

 

 

いくつかの記事を並べて、一つの意図を伝えている場合もあります。

 

 

それは、その人がすぐに理解する場合と、

 

私がその人に意味を伝えて理解してもらう場合とがあります。

 

 

なぜそんなことをするかというと、

 

直接的なコミュニケーションよりも、まあまあおしゃれなんじゃないかな、と考えているからです。