会社を3分で辞める方法!


会社を辞めたいが、どうしたら良いか?




という答えは簡単だ。




明日、辞表を提出する。




いや、今、辞表を提出する(今でしょ)。




ただそれだけだ。




*******




早速、暴論と言われました。




でも、暴論かもしれませんが、そうする以外、ないんです。




表現が下手くそですみません。





人気ブログランキングへ




*******




引き継ぎを心配するのであれば、ボランティアで



引き継ぎ事務を完了させる。




雇用状態のままだと、新たに仕事を任されて退職が遅くなってしまう。




だから、辞表を提出するのは今日でもできる。




こういう理屈は、暴論とされる。




でも、嫌々サラリーマンを続けている理由なんて、この世のどこにもない。




嫌々仕事をする必要があるのは、現在の日本では服役囚のみだ。




自由の身であれば、嫌々仕事をする義務は無い。




いきなり辞表を提出しても、罪に問われない。




辞表を出したが受理されず、警察が自宅に乗り込んできて会社へ
連行されるといったことは無い。




会社を辞めることは、辞表を出すことによって一瞬で可能になる。




サラリーマンを辞めれば、自分の収入は自分で決められる。




サラリーマンを辞めれば、世の中は意外と生きやすいことにすぐ気付く。


続きを読む 会社を3分で辞める方法!


マスコミの嘘に流されないようにしよう


ブログの順位、こんなことになっちゃいました。。
人気ブログランキングへ




アベノミクスを実感できない人が7割8割に上るという。




政権に批判的なマスコミの印象操作ではないのか。




少しでも政権の支持率を下げようとしているのか。




「実感できない」という答えに誘導する質問になっていると思う。


これだけ景気が回復しているのに実感できないのはおかしい。




例えば、1年前は250円弁当が売れまくっていて、1000円ランチはさっぱり売れなかった。




今は逆。




激安弁当はあまり売れず、安い店は閉店ラッシュ。




3000円ランチやホテルの懐石に行列ができていたりする。




経営者は景気回復をどんな不感症の人でも実感する。




サラリーマンでも、ボーナスUPの話を耳にしたり、営業マンなら、契約がより簡単に取れるようになっているはず。




電話係の人なら、以前より高い商品が注文されるようになったことに気付くはず。



マスコミの嘘に流されないようにしよう。


続きを読む マスコミの嘘に流されないようにしよう