重症。その2 (大損した。)


~吹き荒れた、内容証明郵便の嵐~



前回 の続きです。



私としては、物件の運用について完全に信用してもらっているつもりでいました。



しかし、まもなくオーナーさんの権利が息子さんに変わり、


突然、「お前にはだまされた。退去してくれ。」という電話が何度も入り、


話し合ったものの全く折り合いませんでした。



そして、退去と損害賠償訴訟を通告する、内容証明の嵐が連日のごとく吹き荒れました。


誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』

この物件は、入居者に84,000で貸してオーナーに70,000払っていました。



契約は最低5年保証で、投資額であるリフォーム代は8万弱。



利回りという概念でいうと200%は楽に越えます。



しかし、近隣相場に比べ、家賃の84,000は半額ほど。



オーナーの息子さんは、かたぎとは言えない不動産会社に籍を置いていたので、私の素人づくりの契約書や口約束中心の進め方に目を付け、法律戦を仕掛けてきたのです。


誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』


この息子さんには、借り上げ の説明のときなどで何度かお目にかかっていました。



紫のドレッドヘア、首に激しい刺青を入れた戦闘民族。



私は外観的にその方を好きだったのですが、その方ははじめから私を極度に嫌っていたそうです。

良い情報はここで見つける…→  人気ブログランキングへ

必要以上にいろんな言いがかりを受けました。




なぜか、その方は不動産以外でも激しい怨念を私にお持ちでした。



結局、いろいろ書けないことも経て、それまで得てきた借り上げ差額を全額放棄し、入居者とオーナーの直接契約となって争いは終結。



これを機に、いつもの弁護士さんに私の契約書を大幅に改訂していただきました。




もう1年前のことです。



今後も、不動産投資の失敗談を定期的に書きつらねます。


続きを読む 重症。その2 (大損した。)


重症。


私は今、重症です。




体調は全く問題ないのですが、自らの激しいバカさが原因で、かなりの窮地に陥ってしまいました。




つまり、体調ではなく、精神が重症です。

良い情報はここで見つける…→  人気ブログランキングへ




いつもは傲慢な私ですが、今はかなりヘコんでいる状態なので、不動産投資における数多くの失敗談のうち、いくつかをご紹介しようと思います。




まずは一つ目。




******************************




~借り上げシステムで内容証明郵便の嵐~




いつものように借り上げシステムで物件を運営していました。




私の物件にしては珍しく、京都の一等地に位置する、いわゆる京都らしい「京町家」の物件です。




このオーナーともめてしまいました。




オーナーさんは知り合い経由で知り合った役所勤めのおばさんです。




私としては、物件の運用について完全に信用してもらっているつもりでいました。




次回に続く…!!



誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』

誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』


続きを読む 重症。