不動産投資家の分類 続き


不動産投資家は、3派に分かれることに気付いた。




1.ローン活用・キャッシュフロー派
2.高利回り派
3.キャピタルゲイン派




ローン活用・キャッシュフロー派は、大金を借り入れて
何棟もマンションなどを購入し、月々の家賃収入から銀行への返済を差し引いた額が
毎月の収入(=キャッシュ・フロー)となるようだ。




3億借りて、家賃収入3000万、銀行への返済2700万、
毎月300万のキャッシュ・フロー
というイメージ。




高利回り派は、激安のボロ屋敷を再生したり、シェアハウス
に作り変えたりする。




工務店・賃貸屋・管理会社などを使わず、何でもできるだけ
自前でこなし、少ない元手で最大限に稼ごうとする。




100万で物件を買い、50万で再生し、家賃4万で利回り30%
というイメージ。




キャピタルゲイン派は、空室だらけのビルやマンションを安く購入し、満室にした上で売り飛ばす。




2億で買って5000万で直して3億で売り、利益が5000万、という
イメージ。



こういうことは、もしかすると本に書いてあるのかもしれない。





人気ブログランキングへ
( すごい人がおられます! )




私は読書家だが、不動産 建築 の本はいまだに一冊も読んだことがない。


いろんな投資家さんの話を聞いていくうちに、そうした分類に気付いていくのも面白い。


続きを読む 不動産投資家の分類 続き