利回りとメンタルブロック 後編


世間一般では、利回りは15%出せれば成功だ。

私は現状で利回りを20%弱は出せる。


「これでも、別にいいじゃないか」
「こんなもんかな」


何気なく、そう思ってしまっている自分に気付いた。


こういうサイトで知恵を盗む → 人気ブログランキングへ


購入物件でも、利回り60、70、80を超える人たちがいる。

そもそも、他人との比較は無意味だ。


しかし、物理的に利回り70~80%が可能であることは、多くの人によって証明されている。


それにも関わらず、知らず知らずのうちに、私は不動産投資の目標を30%程度に設定してしまっていた。

これこそが、メンタルブロックだ。


30%という壁を勝手に作り出してしまった。


70、80%が物理的に可能であるのに、30%はちっぽけな壁だ。


メンタルブロックは、気付きさえすれば容易に打破できる。

単に、なかなか気付けないだけだ。


利回りは、30%ではなく、80%を目指そうと思う。


仮に、試行錯誤の結果、50%だったとしよう。


その数字に満足して現状に安住してしまうのか、



それとも、

もっと工事やプランを改善し、アイデアに工夫を重ねる、ということを考えるのか、



大きな違いが生まれる。



続きを読む 利回りとメンタルブロック 後編


利回りとメンタルブロック 前編


東京で、不動産投資家のeヤン さんに、メンタルブロックのお話を聞いた。

メンタルブロックとは、言わば、勝手に自分で自分に設けてしまっている限界のこと。



これは、確かに私にも存在する。



借り上げ物件では、利回りは50%、80%、100%、300%、1200%、4800%でも難なく可能だ。



借り上げ方式では、事前に十分準備すれば投資額ゼロでも貸し出せるのだから、利回りという数字は好き放題、勝手に自分で決められる。



借り上げ方式で「利回り100%」なら、私にとっ て何の壁や限界も感じない。



つまり、借り上げ方式では、私はメンタルブ ロックが一切無い。



しかし、だ。



しかしながら、購入物件では、私に確かなメ ンタルブロックが存在した。



最初、激安(のつもり)で購入した物件を、激安(のつもり)で工事し、できるだけ高く貸し出したのに、利回りは20%ほどだった。



その後、同じく工夫して貸し出してみたところ、45%、16%、20%といった感じだ。



これは、偶然うまくいったときは40%を超えるが、 普通にやれば20%弱という数字になることを意味する。



世間一般では、利回りは15%出せれば成功と言われる。



30%で達人、50%ならカリスマ、80%なら神の領域といったところか。


投資家の紹介ページ。 人気ブログランキングへ



だから、利回り20%弱で、「これでいいじゃないか」と現状に甘んじる自分がいた。

~続く~



続きを読む 利回りとメンタルブロック 前編