お金の超単純な性質を理解し、お金が集まる人になろう


 

善人も金の欠乏で悪人に変わります。

 

 

悪人が金の欠乏状態になると、さらに悪人になります。

 

 

金の欠乏状態で善人のままいられるのは、超善人でないと非常に厳しいです。

 

 

例えば、ガンジーとか親鸞とかマザー・テレサとかなのですが、

 

普通の人はかなり無理があります。

 

 

だからこそ、稼がねばならないというわけです。

 

 

2017年の豊かな日本においては、成人の男たる者、年に1200万ぐらいは必要かと思います。

 

 

私の知人のことを恩師と崇める人が、

 

私の知人に近づき、詐欺でお金をだましとろうとする案件がありました。

 

 

その詐欺師の方は、元は善人で、純粋に私の知人を尊敬し、慕っていました。

 

 

しかし、借金取りに追われて、誰彼構わず騙してやろうという発想に陥り、

 

自分の恩師にまでその汚い手にかけようとしたのです。

 

 

こんな景気の良い時代に困窮して借金取りに追われるなんて、経済的な観点から言えば軽い精神病患者です。

 

 

幸い、私が独自に開発したルートでストップをかけ、知人の被害は最小限度で済みました。

 

 

その詐欺師の方は、それ相応の報いを受けることでしょう。

 

 

こうした案件は特段珍しいものではなく、1~2年に1回は遭遇します。

 

 

2020年代になるとやや不景気な数年間もあるのですが、

 

現在の2017年のような好景気で金回りの良い時代に金欠になるとはかなり意味不明ですね。

 

 

心が貧しいと実際に経済状態も貧しくなり、

 

さらに心が貧しくなってお金も逃げていくという、悪循環に陥ります。

 


お金とは感謝と信用を数値化しただけの、抽象的な存在です。

 

 

お金が欠けるというのは、単純に感謝される働きが少なく、あまり人から信用されていないだけの状態です。

 

 

お金を稼ぎたい人は、感謝と信用を集めなければならない、と知る必要があります。

 

 

真面目とか誠実とか、そんなに関係ありません。

 

 

真面目でも全然感謝される動きをしなければ、どんどんお金が逃げて欠乏します。

 

 

誠実でも相手から信用されなければ、やはり欠乏します。

 

 

真面目で誠実なのにお金に困っている人がかなりいるのは、そうした理由です。

 

 

誠実さって、ビジネスやお金にはそんなに関係ありません。

 

 

例えば、お客が

 

「もうめんどくさい書類とか全部省いちゃいましょうよ」

 

と言っているのに、誠実で真面目過ぎるがために、

 

「いえいえ、そんなわけにはいきません」

 

と何度もどうでもいい書類を書留で送ったり、

 

「ご面倒かと思い、書類を直接お受取りに参りました」

 

と何度も訪問したりすると、

 

「この人手不足の時代に何という非効率で気持ち悪い奴だ こんなバカとは仕事はできない」

 

と避けられて、ビジネスチャンスを失います。

 

 

関わる人に喜んでもらったり、しゃべった人が安心して信用してくれたりしたら、お金が集まってきます。

 

 

例えば、「この人なら多く振り込んでもその分もっと大きなものを返してくれそう」と潜在意識レベルで思われていると、

 

請求したのは5万なのに、500,000円の入金があったりします。

 

 

一桁多く振り込んでくれるわけです。

 

 

あくまでそれは相手の間違いなので、返金の要請があればもちろん返金しますし、

 

「そのままお受け取りください」と言われれば、

 

「じゃあ最低でも差額の450,000円分以上は何としてでもその方のお役に立とう」

 

とがんばれば良いです。

 

 

だいたいいつも、相手に感謝されることをし、何かにつけて信用される人になると、

 

お金がそうした人を非常に好むので、勝手に各方面から集まってきてくれます。

 

 

お金が集まってきて、あれこれ心配することが皆無となります。

 

 

この考えは我ながらものすごくお勧めです。

 

 

なので、ブログの記事にしてみました!

 


ノウハウ・テクニックとメンタル・マインドの関係 その3


 

(この記事は1.5分で読めます)

 

ノウハウ・テクニックとメンタル・マインドの関係 その2 からの続きです。

 

 

例えば、物件無料ゲットの極秘奥義の中で、

 

大都市の不動産の所有権を無料でゲットするには、「『ただでください』と言ってみる」

 

と書かれています。

 

 

はっきり言って、その言葉自体、それはノウハウでもテクニックでもありません。

 

 

その言葉を単に発するだけなら、誰でも言えます。

 

 

そして、「ただでください」と口に出してみたところで、「はい?何をですか?」と全く相手に伝わりません。

 

 

伝わったとしても、軽い冗談として受け流されます。

 

 

しかし、メンタルやマインドができていると、本当に大都市の不動産の所有権を無料でゲットすることができます。

 

 

「ただでください」が冗談とか妄言ではなく、本気の指値となるのです。

 

 

あり得ないことが、現実となります。

 

 

メンタルやマインドができていないと、

 

「まさか大都市の不動産の所有権を無料でゲットするなんて、できっこないよな」

 

と自らが思い込んでしまっているので、当然ながら相手にも伝わらず、

 

そして「大都市の不動産の所有権を無料でゲットすることなんて、都市伝説だ」という自分の想念が現実化してしまうのです。


 

 

つまり、1000万の物件がちょい指値して950万ぐらいでしか買えないという、どこにでもよくある普通のことが現実となります。

 

 

スポーツで例えてみると、サッカーやバスケの残り2秒のスーパーロングシュートに似ています。

 

 

「絶対あり得ない」と思っていると、シュートを放つ気にすらなりません。

 

 

しかし、「いや、めちゃくちゃ遠いけど、入るかもしれない!!」という瞬間的な信念があれば、

 

奇跡の超絶ロングシュートが鮮やかに決まるのです。

 

 


物件無料ゲット・超鬼安ゲットのコンサル(担当はちゃんとしていない卒業生)は、4月から再募集をスタートし、1年12万でお受けします。

 

お申込みはこちら

 

 

また、一般の不動産投資の世界で、

 

「融資を受けるにはまず全ての銀行を回れ!100軒の物件を狂ったように内覧しまくれ!そのうえでなんとか比率をチェックして、、」

 

というノウハウがあったとして、

 

全ての銀行を回るという行動自体に、ガッツとかモチベーションとかマインドやメンタルが必要になるので、

 

実際にはやらない人が多数となるらしいです。

 

 

そういう愚直な活動を面倒くさがり、とにかく何もせずにすぐ儲けたいという人が多いのです。

 

 

2017年はかなりの好景気だと感じていますが、

 

さすがに何の活動もせずにいきなり儲けまくるのは、ちょっと虫が良い話となります。

 

 

そこで「ワンルームで資産作りませんか」という営業電話がかかってきて、

 

「判子押すだけで何百万円が儲かります」みたいな話を鵜呑みにし、あとで大損(少なくとも儲かりはしない)してしまうわけです。

 

 

私の個別相談では、具体的なテクニックや裏技なども大量にお教えしているのですが、

 

それを実行する際のメンタルやマインドを重点的にお伝えしています。

 

 

テクニックやノウハウの話は人気があって、メンタル的な話はつまらないのであまり好まれないのですが、

 

やはり基礎ができていないとせっかくの裏技も何の役にも立たないこととなるので、

 

好感度を落としながらも、あえて精神的な心構えの話は欠かさずにしゃべっています。

 

 

個人面談スケジュール  お申込みはこちら

4月中旬 東京 ◯

下旬 東京 ◯

5月上旬 京都 ☓

中旬 東京 ◯

下旬 大阪 ☓

 
(6月より90分2.9万)

6月上旬 大阪 ◯

中旬 京都 ◯

下旬 京都 ◯