LINE友達追加で買わない不動産投資術の入門動画プレゼント

空き家を活用し、リスクなしで不動産投資を始める方法が学べる

空き家探しに大活躍!廃墟不動産投資における「高齢化社会」の攻略法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この記事は2分半で読めます

 

東京、大阪、横浜など大都会を除き、

 

日本国内はどの街も、住宅地や郊外に行くと老人だらけになっています。

 



例えば、昔、具体的には

平成時代の前期では、

スキー場やボウリング場は

大学生などの若者だらけでした。

 

 

最近、スキー場やボウリング場を

しばらく訪れていない人が

非常に多いと思います。

 

 

ちょっとそうした場所を

のぞいてみると、

 

そこでスキーやボウリングを

楽しんでいる人達が

 

以前と劇的に様変わりしていることに、

きっと皆さんは驚かれるはずです。

 

 

大学生などの若者はごく少数、

またはすでに皆無であり、

 

客のほとんどが

もはや高齢者か外国人です。

 

 

さらには、

平日昼間のリバークルーズや

スーパー銭湯に行くと、

 

ほぼ全員が高齢者か

外国人で占められています。

 

 

近年、若者がインドア化して

年寄りが元気になったことも

主因の一つですが、

 

そもそもの

絶対数が

決定的に違います。

 

 

高齢者だらけ


昼間の一般的な住宅地は、

在宅している人も外を歩いている人も

とにかく高齢者だらけです。

 

チェーン店ではない商店では、

店主も客もことごとく高齢者であり、

 

老老取引や

老老コミュニケーション

なるものが日常の

当たり前の光景となっています。

 

 

 

私は以前から不思議な現象として

眺めているのですが、

 

本来は平均寿命まであと60年ほどと

時間がたっぷりあるはずの若い人が、

 

ちょっとした空き時間も大切に

有効に工夫して活用し、

 

平均寿命まであと10年以内の

本来なら時間がかなり限られているはずの

高齢者が、

 

日々の時間を持て余して

いつも無駄極まりなく

浪費しています。

 

 

 

暇な高齢者達は、

誰かとのあまり意味のない

おしゃべりを求めて

常に道を徘徊しています。

 

 

高齢者ではない人達、

つまり若者や中年の人達には、

 

この世間にあふれ返っている

暇な老人たちを、

 

ぜひ一度

活用してみていただきたいと

思います。

 

 

 

廃墟不動産投資における「高齢化社会」の攻略法

 

 

廃墟不動産投資であれば、

 

空き家の

オーナー探しの

情報源として

フルに使うべきですし、

 

 

営業マンであれば、

突然訪問して老人の話をゆっくりと聴き、

笑顔で何度か足しげく通えば、

 

 

商品説明など全て省略しても、

だいたい何でも契約して

もらえる確率が高くなります。

 

※ただし、人をだますようなものを

決して売らないようしっかりと自らを律しましょう

 

 

 

お年寄りは誰かと話したい!


 

お年寄りは誰かと無駄話することを

渇望しています。

 

 

よく、若い人や中年男性は、

自分が突然誰かから訪問を受けると

とても嫌な気分になるので、

 

アポ無し訪問は相手にとっても

迷惑になるものだと考えています。

 

 

確かに、高齢者ではない相手に対しては

その通りなのですが、

 

 

高齢者は実は、

アポ無し訪問を

喜びます。

 

 

高齢者=クモ 

高齢者の家=クモの巣 

訪問者=小さい虫

 

という構図と同じであり、

 

 

高齢者は誰彼構わず

自分に話しかけてくれる人を

とても歓迎します。

 

 

例え、それが何かを

売り付けようとする

営業マンであったとしても、

 

しゃべることの

できるほうが

嬉しいので、

 

普通にそこそこ笑顔でありさえすれば、

ただ目の前に存在するだけで

感謝されます。

 

 

 

 

不動産を直接探すのであれば、

 

1200万の相場の家が

200万ぐらいで買えます。

 

 

10回話し相手になって

1000万の減額だとすると

1回あたりが100万であり

 

 

ホストクラブに例えれば

毎回シャンパンタワーに

近いオーダーが入るようなものです。

 

 

 

こういう例えを出すと、

妙に正義ぶって反論する人がおられますが、

 

 

暇な老人を放置し、

全く何も関わろうとしないより、

 

仮に不動産の取得のために

利用するという目的が

あったとしても、

 

 

相手にとっては話し相手ができるので

嬉しく思ってもらえます。

 

 

お年寄りにとって

確実に価値があるのは、

 

 

放置している

空き家などの

不動産よりも、

 

見知らぬ誰かとの

たわいもない

会話です。

 

 

ほぼ間違いなくお互いが

WIN-WINの関係になっているので、

 

気にせずに、あちこちの老人を

有効活用していくことをお勧めします。

 

(written by 廃墟不動産投資家

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
物件をマイナス円ゲットする達人 ↓ ↓
銀行融資を受けなくても「家賃」をゲット ↓↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 廃墟不動産投資家 , 2019 All Rights Reserved.