賃貸経営を成功させる秘訣


リノベーションでおしゃれな内装、

快適で便利な最新設備、

入居者の暮らしを考えた細やかな気配りとサービス



不動産オーナーたちの入居者争奪戦において、

これらを充実させることが重要、

という内容が、コラムやセミナーで語られると思います。



もちろん、それは正論で、正しい考え方です。



不動産をこれから始めようとしている方は、先駆者たちの貴重な教えを、

しっかり吸収していかれるのが良いと思います。

 イメージ


しかし、私はそれらの教えを何も実践していません。



リノベーションでおしゃれな内装→あまり直さず、汚い箇所を見えないようにしているだけの内装、特におしゃれでもない

快適で便利な最新設備→生活最低限度ぎりぎりの仕様、基本的には不便

入居者の暮らしを考えた細やかな気配りとサービス→一切なし



それでも、お客(=入居者)の確保には困りません。



また、入居者さんには、かなり気に入って住んでもらっているケースがほとんど。



なぜかというと、それは簡単。



相場の半額ほどで貸しているからです。



とにかく、全く比較にならないほど安くしています。



間取りや立地が同条件の物件が8万なら、39,000円ぐらいでしょうか。



快適さやおしゃれさよりも「安さ」を第一に考える入居希望者は、一定数おられます。

 イメージ


そういう顧客層を、価格で鷲づかみします。



理由は単純です。



仕入れが異常に安いので、貸出も安くできます。



「一般的にやるべきこと」をやらなくても賃貸経営は成立する場合がある



ということを知っていただけると、

私がやっていることの存在価値があり、嬉しく思います。


人気ブログランキングへ 見っけて

続きを読む 賃貸経営を成功させる秘訣


「0円」で指値するということ


私は今、東海地方のあるお屋敷物件を、「0円」で指している。

 イメージ

100万円ではない。



10万円でもない。



本当に0円、無料、タダである。



なぜなのか?



オーナーさんに、詳しく物件を案内していただいた。



確かに、私から見てもボロ屋だ。



ただ、ある程度手を入れれば再生できる。



部屋によっては、掃除だけで滞在することぐらいは可能になりそうだ。



しかし、このオーナーさんの認識は、全く違う。



「大地震が来て、自然の力でつぶれてくれたらいいのに」

「誰にも売れるわけないから、数十年後まで、朽ち果てて風化するのを待とうか」

「でも近所の人には迷惑だし、それだけが心配でならない」



などと、完全に粗大ゴミ扱い。



そりゃそうだ。



工務店に何社も見積を取ったそうだが、いずれも1000万超え。



瓦の交換だけでも500万以上。



解体の見積は300万。

 イメージ

物件を全く何も使っていないのに、それとは関係なく固定資産税などはオーナーさんにかかってくる。



年数万円とはいえ借地なので、土地はそもそも売れない。



ボロ屋敷=廃墟は、一般オーナーにとっては資産ではなく、単なる負債なのだ。



私は「0円指値」が、双方の利益になると思っている。



数学上はもちろん、0円よりも下の値は存在する。



今後、「マイナス30万円の指値(売主が買主に30万払う)」という状況が現れると思う。


人気ブログランキングへ 見っけて

続きを読む 「0円」で指値するということ