「186連敗」の教えとは ~後編~


かなり熱血なメッセージが最後に待っています 前編・後編合わせて、読破には2分ぐらいかかります 時間確保にご注意を!

「186連敗」の教えとは ~前編~ からの続き



さすがに154連敗ぐらいのときはかなり絶望していたわけだが、それでも日々挑戦し続ける限り、

いつの日か必ず成功すると信じて、来る日も来る日も懸命にアプローチしていた。



だから、廃墟不動産投資に挑戦する人も、ほんの5~6人ぐらいであきらめないでほしい。



鬼の指値にチャレンジしている人も、たった5~6回ぐらいであきらめないでほしい。



10分の1の費用のリフォームにトライしている人も、わずか5~6度ぐらいであきらめないでほしい。



186連敗を覚悟する心意気があるなら、廃墟不動産投資よりももっとすごいことが実現できると思う。



例えば、指値どころではなく、

「1500万ぐらいのれっきとした戸建てや、築古ではない都会の分譲マンションを、タダで譲渡してください」というムチャクチャなお願いでも、

「186連敗してでも、必ずやってみよう」という心意気があれば、

誰にも知られていないすごい技が強制的に身に付いて、

成功できるのだろう。




どんなスポーツや試合でも、なかなか186連敗という数字は無いと思う。



スポーツとは全く関係なく、かっこ良くない分野ではあるものの、186連敗という気の遠くなる経験を持つ私としては、

何かをたった5~6回であきらめるなんて、信じられない。



186回は異常だとしても、何事も5~6人であきらめたりせず、改善に改善を続け、せめて最低40回ぐらいトライしていってほしいものだ。



声を極度に大にして、言いたい。叫びたい。



「諦めるな!!大してやってないくせに、諦めるな!!

うんちく垂れてないで、やってみろ!!

男なら、とにかくつべこべ言わず、諦めるな!!

諦めてもそんなに成長しないし、特にすごくもないから、とにかく挑戦しろ!!

負けても負けても、どんなに負け続けても、勝つまでやり続けた奴が勝者なんだ!!

だから、諦めるな!!

諦めたらそこで試合終了だよ、って言葉があるだろーが!!

要は何が言いたいかというと、とにかく諦めるなということなんだ!!」




エジソンは、性懲りもなく発明を12,000回失敗したらしい。



「失敗の回数=偉大さ」みたいにシンプルに考えて、

とにかく何度失敗しても毎回毎回改善していけば必ず最後は成功するので、

ぜひ、これを試してみてほしい。



人気ブログランキングへ ←参加しました!

続きを読む 「186連敗」の教えとは ~後編~


「186連敗」の教えとは ~前編~


かなり熱血なメッセージが最後に待っています 

前編・後編合わせて、読破には2分ぐらいかかります 時間確保にご注意を!



廃墟不動産投資にチャレンジしている人で、

オーナーに5~6人交渉して失敗し続けただけで、あきらめてしまっているケースが多い。



他にも、鬼の指値にチャレンジしている人で、

5~6回指値して失敗し続けただけで、あきらめてしまっているケースが多い。



リフォーム費用を一般の工務店の10分の1でやってみようとして、

5~6度失敗し続けただけで、あきらめてしまっている人が多い。



さて、「186連敗」



これは、何のことだろうか?



186連敗とは、20年以上前、私が高1から高2の途中までの間、

彼女がどうしても欲しくて、彼女を作ろうとして、女の人に告白してふられ続けた数字だ。



40代以上の人なら誰でも知っている、「101回目のプロポーズ」という番組の武田鉄矢さんでも100連敗、

スラムダンクの桜木がバスケに目覚める前でもふられた回数は50回ぐらいなので、

マンガやTVというフィクションを遥かに上回る異常な数字だ。



「186連敗」と言葉にするのは簡単だが、普通の人なら誰しも15連敗ぐらいで絶望するだろう。



私は毎回、断られるごとにいちいち改善し、ストイックに原因を分析し、ひどく反省し、

何度も何度もあきらめずにアプローチしていったのだ。



まったりリラックマライフなこの時代に、かなり熱血なメッセージが、次回・後編に待っていますよ!

「186連敗」の教えとは ~後編~ へ続く


人気ブログランキングへ ←参加しました!

続きを読む 「186連敗」の教えとは ~前編~