カメラマンさん、食材配送ボランティアさんの募集


 

最近の私は、

 

深刻な、すぐ食べられる無農薬野菜不足

 

深刻な、調理不要の美味しい魚介類不足

 

深刻な、ものすごく新鮮なフルーツ不足

 

深刻な、海外の珍しいフルーツ不足

 

深刻な、その他身体に優しい食料品全般不足

 

に陥っています。

 


 

定期的・不定期的問わず、私の事務所へ配送していただける方を募集します。

 

 

お歳暮と同じ状態で、完全ボランティアとなります。

 

 

配送代も商品代も負担できないのですが、

 

「仕方ないね!たまには送ってあげよか」

 

という方は、こちらからご連絡くださると幸いです。

 

※もちろん、「何だそれ!ふざけるな!」という方はスルーしてください。

 

 

私の物件で、超絶激安リフォームのDVDを作成する話が持ち上がっています。

 

 

カメラマンさんを募集します。

 

 

予算は100,000円ぐらいです。

 

 

ご協力いただける方、またはそういうカメラマンさんをご存じの方は、こちらからご連絡くださるととても助かります。

 

 

今日の名言

 

最も苦しんだ者が、最も成功する。

 

その因果を構成するほとんどの要素は、執念という一言で説明できる。

 

2017 1 31 廃墟不動産投資家

 

 

去年か一昨年の名言

 

夕焼けから夜に向かうこの30分間が、たまらなく好きだ 

 

365日、1日として同じ色が無い

 

2015か2016 晩秋の北陸にて 廃墟不動産投資家

 


人類の歴史上、最も割安なコンサル ~21世紀で最も割安なコンサル~


 

人類の歴史で、洋の東西を問わず、

 

数多くの分野でコンサルタントが誕生し、

 

それぞれ1ヶ月いくら、1年でいくらと値段を付けてきたわけです。

 

 


安いのに役立つコンサル、高いのにダメなコンサル、安くてダメなコンサル、高くて役立つコンサルなど、様々です。

 

 

しかし、人類史で最も割安なコンサル(異常に激安で超絶役立つ)を発見、というかプロデュースしました。

 

 

それは、私のコンサルを卒業した、ちゃんとしている卒業生さんのコンサルです。

 

 

内容の充実の度合いが半端ないです。

 

・廃墟不動産投資全般

 

・融資を使った廃墟不動産投資

 

・一般不動産投資

 

・資金繰りのシミュレーションフォーマット

 

・廃墟不動産投資の核心部分である、オーナーとの折衝方法をまとめた資料

 

・電話でロールプレイングを実施

 

・私と違って無料で面談受付

 

ちゃんとしている卒業生さんの居住エリアに引っ越す人もちらほら現れ始める

 

・私と違って物件見学も無料

 

 

1年12万という、常識を遥かに超越した安さです。

 

 

1ヶ月1万、1日330円。

 

 

どんなマンツーマンの学生家庭教師や英語の新米の先生でも、ここまで安くはありません。

 

 

物理的に不可能なほど、安いのです。

 

 

本来の市場価値は少なく見積もっても1,200,000円だと思います。

 

 

割安の度合いが狂っています。

 

 

ラーメンで言うと20円、定食で言うと35円、牛丼で言うと7円みたいなものです。

 

 

12万というのは、その後得られる利益と比較すると、

 

うまい棒2本みたいな金額だと例えても過言ではありません。

 

 

うまい棒2本にて、不動産投資で人生を変えてみましょう!!

 

 

著名なネット起業家の川島和正さんが、

 

自由な金持ちになれる3大職業のうちの一つに不動産(大家さん)を挙げています。

 

 

不動産投資家は儲かっている人、金と時間を持て余している人が続出中です。

 

 

もちろん、不動産投資で儲かっていない人もそれなりに存在しますが、

 

そういう人は元からお金儲けに強い興味がなかったり、

 

あまり真剣にやろうとしていなかっただけであり、

 

本腰を入れて不動産投資に取り組んでいる人は、

 

よほど能力の低い人を除き、

 

ある程度の人がまあまあ稼げているのではないかと推測します。

 

 

不動産投資自体が2017年において最も波に乗っている稼ぎ方であるのに加え、

 

不動産投資からリスクを取り払った廃墟不動産投資は、さすがに我ながらかなりお勧めできます。

 

 

うまくいかない人(=面倒くさくなって放置してしまっている人)も存在するのですが、

 

そもそも初期投資をかけていないので、損することがあり得ないのです。

 

 

50円のりんごを100個仕入れて(仕入れ値5,000円)、100円で売るというビジネスがあるとします。

 

 

うまく全部売れれば(売上10,000円)、5000円の儲けになります。

 

 

そして、40個しか売れなければ(売上4,000円)、1,000円損します。

 

 

しかし、廃墟不動産投資では売れた分だけ仕入れるという考えなので、

 

40個しか売れなくても(売上4,000円)、仕入れが40個分のみとなるので(仕入れ値2,000円)、何と2,000円の儲けとなります。

 

 

不動産投資的に言えば、「空室リスクがパーフェクトにゼロ」という意味です。

 

 

廃墟不動産投資の世界では、損することを含め、経済的失敗の概念があり得ないこととなります。



 

そうした廃墟不動産投資ですが、一人でやっていると、わからないことが多いというご意見をよくお聞きします。

 

 

そこで、ちゃんとしている卒業生さんのコンサルを受けると、

 

年収10,000,000円は明らかにハードルが低くなります。

 

 

うまい棒2本を30秒で食べるぐらいの難易度です。

 

 

つまり、本気にならなければできなさそうだけど、

 

本気になれば必ずできるぐらいのレベルです。

 

 

ちなみに、あと10年や15年経つと、不動産投資はやや稼ぎにくくなる可能性が高めなので、始めるなら今です。

 

 

まさしく今です。

 

 

それは間違いない。

 

 

ちゃんとしている卒業生さんのコンサルを受け、

 

その熱血指導で内容を全て実践していくと、

 

多くの人が、あと10年や15年で一生分の稼ぎは比較的簡単に超えます。

 

 

お申し込みはこちら

 

 

一昨日の名言

 

映画や小説やドラマでも、主役・脇役・その他大勢に分かれる。

 

人生も同じだ。

 

戦わぬ者はその他大勢で、戦って勝つ者が主役、戦って敗れる者が脇役だ。

 

勝てるかどうかはわからない。

 

しかし、たった一度の人生だ。

 

男なら戦わずしてどうする!!

 

男は本来、みな戦闘種族だ!!

 

その他大勢にだけはなるな!!

 

2017 1 28 廃墟不動産投資家