ストレスがまったく無い働き方


良い情報はここで見つける…→  人気ブログランキングへ




私は一昨日まで、タイにいました。




太陽が降り注ぐ真夏のビーチでランチ中に、




「スーツ!スーツだよ!スーツ買わない?」




といきなり目の前に登場するスーツの行商人がいました。




また、私がバーツ紙幣を数えながら歩いていると、すれ違った通行人がとっさにサングラスを外して




「これ、500バーツでどうだっ!?」




と話しかけてきました。




すれ違いざまの一瞬のうちに、
「こいつは金を持ってる!俺は何か売れるもんは無いだろうか?あ、あった!今かけているサングラスだ!」
と思ったのでしょう。




こういうことは、タイに限らず、世界では日常的な風景です。




特筆するようなことではありません。




しかし、日本では決して考えられないことです。




何か、、、勇気が出ませんか?!




「普段の細かいことなんて、気にしなくていいんじゃないか?」



という勇気です。




今朝の上司は少し機嫌が悪いように感じた
自分は何もしていないけど、もしかしたら自分のせいだろうか、、、


見積書の数字を、間違えたまま先方に送ってしまった
先方に伝えるべきか、間違った数字のまま取引すべきか、ああ、どうしよう


明日は苦手なお客さんの家に訪問しないといけない
小言や嫌味をまた聞かされるんだろうか、もう、億劫でしょうがない。。


など、




多くの日本人は、いつも心配事を抱えて、強いストレスを感じながら仕事しています。




時々、海外の人たちの


驚異的な積極性、厚かましさ、ストレスの無さ、大ざっぱさ


を体感するのが、われわれ日本人の精神衛生に良いんじゃないかと思います。
誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』

誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』

誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』

誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』





「ストレスがまったく無い働き方」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    そう思います…。
    海外ではお金見せては 大変です。
    絶対に見せないようにされることを お薦めします。危険値 大です。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です