人口減少→賃貸経営は厳しい は今のところ嘘!


人口減少→賃貸経営は厳しい と言われる。




実は、世帯数は今も増え続けている。




人口が減っても世帯が増えれば、住居が必要になる。




世帯数増加の傾向は2019年まで続くらしいが、外れるかもしれない。




いや、いつもこうした予想は外れている。




現在は人口減・世帯増。




将来的(今のところ2019年以降)に、人口減・世帯減になるかもしれないが

こうした予測は常に外れ続けている。




20世紀に、行政・官庁が予測し続けた将来人口統計は、全て外れている。




実は、今まで、当てたことがない。




ご興味ある方はお調べください☆)




つまり、今後も多分外す。




 当たることは無いと考えるほうがいい。



誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』




「人口激減・世帯もまあまあ減」 という予測は外れ、


「人口ちょい減り・世帯ちょい増え」


ぐらいにとどまり、


賃貸経営には好況が継続するのではないか?




行政・官庁の発表する予測は、逆張りが順当。




「将来は人口が減り、特に地方においては激減する」


→ 「将来は人口が減らず、特に地方においてはちょっと増える」


に読み替え、


恐ろしく価格が暴落している地方の不動産を激安で購入し、利回り50%以上で運営。




珍しく行政・官庁の発表する予測が将来当たったとしても、利回り50%なら2年で元が取れているので、損にはならない。




統計重視派の方にはバカにされると思うが、不動産投資では商売的な勘こそが最強。




人気ブログランキングへ  順位表です



北海道の奥地とか秋田県・島根県なんて狙い目だ。


誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です