年末恒例ではない不動産事業


当たり前のことかもしれないが、人は成功事例を繰り返す。




10分ほど、大晦日恒例の「笑ってはいけない」を観た。




全く関係ないのだが、私は不動産事業について考えさせられた。




「いつもうまくいっているからといって、ずっと同じことを繰り返すのはどうなのか?」


ということだ。




現状維持を志向した瞬間から、深いところより静かに下り坂の衰退が始まる。




不動産でも同じ。




「今までこの方法でうまくやって来た。だからこれからもずっと同じ方法を続けよう。」


と思ってしまうと、「今がピーク」になってしまう。




「成功」とか「金儲け」とかの話ではなく、それじゃあやはり、つまらない。




今までうまくいった方法をあえて変えてみて、新たな領域に挑戦する。




失敗するかもしれないが、成功しても失敗しても、それは面白くて楽しいものだ。



********



同じ考えの方がおられたら、メッセージくださいね。




人気ブログランキングへ





「年末恒例ではない不動産事業」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    明けましておめでとうございます。
    楽しみにしています。

    『もうこれで良いと思った瞬間に衰退がはじまる』ですね。

    また、逆に、生活や収入の現状維持をしたいのであれば、
    世の中は勝手に移り変わって行きますので、手法は変えなければ、生き残れません。
    私は去年、競売市場高騰、訳あり物件さえ少なくなり、一般市場にトライしました。
    さて、今年は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です