いたしません。②


続き


この施主さんの理屈はこうだ。



「2人の職人が一日で仕上げた。職人の日当は常識的に、15,000円だ。だから、この工事は3万だ。」



すごい理屈だ。



自説の正当性を強調する際に常識を持ち出す人は、頭が良くない。



本来、職人2人で最低3日かかるところ、昼休みと晩ごはん返上で、かつ、異常なスピードで2人の職人は一日で仕上げたのだ。



さらに、材料代や元請け(私)の利益などは、施主の眼中には無い。



激安見積もりの5万すらあきらめ、

「じゃあお好きな金額をお支払ください。もう100円でもいーですよ。」と伝えると

「日当通り3万!それが常識!」との返事。



マイナス2万は、手切れ金にしてはかなり安いほうか?



とにもかくにも、「ボッタクリ」と言われてしまったからには、
沽券にかかわり、しゃくにさわるから、もう対価をいただいて工事を受けることは、金輪際やめることにした。



私のことを「暴利」と言った方は、確実にまた私のもとへ工事を依頼してくるはずだ。


もちろん私は引き受けないのだが、今後どうされるのだろうか?



この方は決して開店できない、と見た!


人気ブログランキングへ 見っけて




「いたしません。②」への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    見ているだけで、腹が立ってきますね。
    お金頂かないぐらいなら、原状回復?(元の通り)にして相手を懲らしめて下さい。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ちみあいさん

    後味悪い記事になってしまい、申し訳ありません!

    おっしゃる通り、原状回復したいですね。

    もしでかい金額だったなら、原状回復で徹底交渉です☆

  3. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。私、月刊ビッグトゥモロウというマネー&ビジネス誌で記者をしております、百瀬(ももせ)と申します。弊誌のマネー特集企画にて、廃墟不動産投資家さまにお話をお聞きしたく、取材のお願いでコメントさしあげました。詳細お伝えしたいので、私までメールいただけますでしょうか。突然のお願いで恐縮ですが、ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。
    百瀬メール qqnr5cr9k★ace.ocn.ne.jp (★を@に)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です