「0円」で指値するということ


私は今、東海地方のあるお屋敷物件を、「0円」で指している。

 イメージ


100万円ではない。



10万円でもない。



本当に0円、無料、タダである。



なぜなのか?



オーナーさんに、詳しく物件を案内していただいた。



確かに、私から見てもボロ屋だ。



ただ、ある程度手を入れれば再生できる。



部屋によっては、掃除だけで滞在することぐらいは可能になりそうだ。



しかし、このオーナーさんの認識は、全く違う。



「大地震が来て、自然の力でつぶれてくれたらいいのに」

「誰にも売れるわけないから、数十年後まで、朽ち果てて風化するのを待とうか」

「でも近所の人には迷惑だし、それだけが心配でならない」



などと、完全に粗大ゴミ扱い。



そりゃそうだ。



工務店に何社も見積を取ったそうだが、いずれも1000万超え。



瓦の交換だけでも500万以上。



解体の見積は300万。

 イメージ


物件を全く何も使っていないのに、それとは関係なく固定資産税などはオーナーさんにかかってくる。



年数万円とはいえ借地なので、土地はそもそも売れない。



ボロ屋敷=廃墟は、一般オーナーにとっては資産ではなく、単なる負債なのだ。



私は「0円指値」が、双方の利益になると思っている。



数学上はもちろん、0円よりも下の値は存在する。



今後、「マイナス30万円の指値(売主が買主に30万払う)」という状況が現れると思う。


人気ブログランキングへ 見っけて




「「0円」で指値するということ」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です