社会不適合者の進むべき、栄光の道


社会不適合者の方はおられますか?



社会不適合者であることを、大して悩まなくても良いと考えます。




私も社会不適合者です。



例えば、学生時代なんかはすぐバイトをクビになっていました。



二〇代には「ワシは65年間、息子にさえ怒鳴ったこと無い!!なのに何なんだ、君は!!バカモノ!!」とあるお偉いお方に怒鳴られたこともありました。



空気も全く読まなくていいでしょう。



そもそも、読めないですしね。


社会不適合者だからと言って、無理して社会適合者になるのではなく、

それよりも社会不適合者の感覚や勘を生かして、不自然なほど稼ぎまくって、

その富を社会に還元することにより、社会に恩返ししていくのが良いですね。



社会不適合者であっても、社会に多大に貢献すれば、もうそのときはすでに、

社会適合者より格段に社会の役に立っている人と言えます。



加えて、社会というよりも、日本と日本人の更なる繁栄のために役立ちたいですね。


人気ブログランキングへ




「社会不適合者の進むべき、栄光の道」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは、大阪からです。
    不適合者歴数十年、やりたい放題生きて来ました。
    生きざま、考え方が廃墟不動産投資家 様に似ていると感じてずっと読ませていただいております。
    私の不適合者感は左利きによる右脳の刺激から来ているのではないかと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    すいませんが、上記アドレスの載ったコメントの削除をお願い出来ますでしょうか。
    お手数ですが、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です