公平で忠実な人生のシステム


ある日、2人の60代男性をお見かけした。



とても偉くて立派な方と、全く偉くなくて道端にタンをはく方だ。



とても偉くて立派な方は、誰に対しても非常に謙虚で、常に腰が低い。



例えば、トイレ掃除のおばさんへのあいさつと取引先へのあいさつが、全く同じで丁寧であり、優しさと思いやりがにじみ出る。



道端にタンをはく方は、誰に対しても横柄で礼を欠き、偉そうで口が悪い。



例えば、若いウェイターやバス運転手に対して、「灰皿、持ってこいや」「おい、公民館は次か?」などと見下して話す。



とても偉くて立派な方は、家族の愛情や従業員からの尊敬、楽しい仲間、ゆったりとした生活空間、有り余る富、健康な身体などに恵まれている。



道端にタンをはく方は、それらのものを全て有していない。



20代30代ならまだこれから人生を作っていけるが、60代はすでに「人生を作ってきた結果」だ。


世の中は公平であり、残酷なほど忠実に、その結果を再現していると思った。


人気ブログランキングへ




「公平で忠実な人生のシステム」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    僕は20代の学生です。 雑誌を見て、一度話しをして頂けないかとおもいました。 会っていただくことは可能ですか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >けんとさん

    明日発売だと思っていました!

    私のブログのトップページを見ていただき、

    「不動産投資の情報交換→こちら」

    の「こちら」から、直接ご連絡ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です