人生とタピオカアセロラココナッツミルク


あるカフェに行って、驚愕の光景を目の当たりにした。



そこは、

タピオカアセロラココナッツミルク

パッションフルーツ黒豆いちごクリーム

ピーチジンジャーエールチョコレート

ドラゴンフルーツバーボンソーダ

など、魅惑のドリンクが数百種類と書かれていて、

何を頼めばいいかわからないほど種類が豊富で、見ているだけで楽しい。




ちなみに、そこはビジネス街。



そして、私の前で注文しているサラリーマンは、何と「コーヒー」と頼んだのだ!!



私の後に注文したおじさんも「あ、コーヒーで」とそっけなく注文した。




多くの方は、この光景に特に驚愕されないことだと思う。


しかし、よく考えてみてほしい。


数百種類という嬉し過ぎるほどのたくさんの選択肢がある中で、最もつまらない選択肢である「コーヒー」を注文してしまう人が
現実的にとても多いのだ。


私もコーヒーは普通に飲んでしまう。


しかし、それは選択肢が少ない状況での飲料摂取に限られる。


私がこの驚愕の光景について何が言いたいかというと、30本記事が書けてしまうほど長くなるので割愛する。





一言にすると、

「何事においても当てはまるが、数百種類の選択肢があるのにも関わらず、特に何も考えず一番無難なものを選ぶのは、あまりにもったいない

ということだ。


人気ブログランキングへ ←見つけてみてください




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です