不動産の知識を入れることは重要か否か?


よく、「投資だけで生きていくのはどんな知識が必要ですか?」

というご質問や、

「不動産・工事・法律など、幅広くじっくり勉強して、将来投資家になろうと思っています」

などのご意見をいただきます。




私は、不動産の知識も、法律の知識も、工事の知識も皆無でした。



知識が無いからこそ、うまくいったのだと考えています。



皆さん、知識を十分に入れることを優先されるので、他の大多数の人と同じ程度の結果しか出せなくなっており、とてももったいないと思っています。



「実はすごく知識があったんじゃないの?」

みたいに思われますが、特にありませんでした。




これからも、さほど知識を入れずに進んでいこうと考えています。



「不動産」という範囲の中で「不動産」というジャンルを学習するのではなく、
今までにない全く新しいジャンルを作っている感じなので、
不動産をそれほど学習する必要がありません。



既存のジャンルであれば学習や知識の詰め込みが必要かもしれませんが、新しいジャンルを作ってしまえば、自分自身の経験や考え方自体が教科書になるので、

全く勉強しなくてよくなります。




難しくて複雑な道を選ばず、自分で簡単な道を勝手に作り出せば良いと思います。



そのほうが楽ですし、いきなり第一人者になれて、効率的です。


人気ブログランキングへ ←見つけてみてください




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です