魅力のない人が、簡単に魅力のある人になる方法


今日は、不動産投資とは全く関係ない話をしたい。



ちまたには、

「俺は大して魅力ないからなぁ」

「私、魅力ある人になりたいなぁ」

という人がいると考えられる。



魅力がないということは、誰からも注目されなかったり、すぐに忘れられたり、いろいろデメリットがあると思う。



その問題の解決策を書いてみたい。



その策とは、「10人中1人になる」ことだ。



例えば、10人中10人全員がビールを注文する状況で、一人だけミルクカシスオレンジを注文する。

例えば、10人中10人みんなが観ているテレビ番組を、一切観ない。

例えば、10人中10人全員が車で行く場所に、2時間に1本のバスで行く。

例えば、10人中10人全員が佐村河内バッシングの会話の中、必死に反論し擁護する。

例えば、10人中10人全員が誰もクスリとも笑わないある人の話に、一人爆笑してみる。



「そんなことをすると、変な人と扱われるリスクがある」と感じられるかもしれない。



しかし、魅力のない人は、誰からも好かれも嫌われもしないのに対し、変な人になった場合、嫌われる率も上がるが、好かれる率も上がる。



少なくとも、存在を認めてもらえるようになる。



誰からも記憶されないのは、せっかくの貴重な人生なのに悲しいと思う。



一部の好かれる人たちとばかり関わっていけば、そこでは魅力ある人のように扱われ、実際に魅力ある人になっていく。



魅力がなくて悩んでいる人は、この話をそのまま試してみてはいかがだろうか?


人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です