リスク、新築の賃貸マンション。


(この記事は1分35秒で読めます)

大阪で、破竹の勢いでボロ物件を買い進めている、若手不動産投資家さんと出会った。



投資を始めて1年半だが、すでにアパートや戸建てが17軒ほどあるという。



その投資家さんと昨日、大阪の街を歩いていたところ、

「26年3月OPEN」と書かれた、新築賃貸マンションを発見した。



嗅覚の鋭い我々は、すぐさま、そのマンション(9室)が全空室であることを察知した。



「なぜ、誰も入ってないんでしょうかね?」

「もしかしたら実はまだ工事中?」



と疑問がわいたので、早速そこの管理会社に電話してみる。



「それが弊社でも不思議なことに、全く問い合わせがなく、家賃を下げてみたのですが、やはり問い合わせがありません。。」




新築完成後数ヶ月経って、全空室。



家賃も極端に割高なわけではない。



オーナーが、入居者の条件を

「年収700万以上、大企業正社員限定、保証人は59才までで両親のどちらか」

と厳しく絞っていて全空室というのならわかるが、

そもそも問い合わせがないのは、やはり異常だ。



新築賃貸マンションなら本来、入居希望者殺到で、抽選になりそうなものだ。



この件は、多額の借り入れで新築を建てられている方からすると、大変恐ろしい話であると思うが、いかがだろうか?


人気ブログランキングへ




「リスク、新築の賃貸マンション。」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ほかにもそういう物件を見かけます。
    新築は入居付けに苦労しないという考え自体がもはや妄想に近いかもしれませんね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    +―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*飛んできたついでに、記事を読ませてもらいました!また時間がある時に遊びにきます!更新ファイト(*´∀`)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    場所が良くないのか、需要にあってない部屋の間取りだったりするのかもしれませんね。

    それでも、まったく問い合わせがないのは謎ですけど。

    何年かは家賃保証がついてそうですけど、ついてないなら地獄でしょう。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >しゅうしゅうさん

    一緒にいた不動産投資家さんが言っていましたが、もしかしたら、賃貸不動産屋さんの営業力が驚異的に低いのかもしれませんね。

    月に3人ぐらいしかお客さんの来ないお店もありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です