性善説と、裏切られたときのエネルギー


私はあなたを信じます。

あなたは各種書類をそろえられないようですが、あなたにそんなものがなくても、

私はあなたが毎月家賃を払うことを信じています。

あなたとは会ったこともなければ何の縁もゆかりもありませんが、

そんなものがなくても、私はあなたが決してお金をちょろまかしたりはしないと信じています。




破られたときは、尋常ではない請求をたたみかける。



常人であればノイローゼになってしまうほどの、圧倒的な執拗さをもって、督促を無限に積み上げていく。



10万取り返すために、平気で100万かける。



まず人を信じる。



それでほとんど全てはうまくいく。



ごくまれに、裏切られることがある。



そのときは、最初に性善説で人を深く信じていたほうが、驚異的なパワーを発揮できる。



超サイヤ人効果の一種とも言える。



このような効果を、自己の経営に意図的にプログラムするのだ。


人気ブログランキングへ ←見つけてみてください




「性善説と、裏切られたときのエネルギー」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    敵にすると恐ろしいけど、味方につけるとかなり心強いですね!
    素敵な考えです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です