極度に仕事ができない人間であり続けることの勧め


社会に適合していない人が勇気付けられる記事を書きたい。



私は、実のところ全く仕事ができない。



例えば、パソコンはほとんど使えない。



もっぱら、メールとインターネットだ。



ワードやパワーポイントなど、よくわからない。



書類もできない。



幼少の頃より知能指数は変質的に高かったので、漢字や英単語はかなり得意なのだが、とにかく面倒臭がりなので、書くべきものを書かず、提出すべきものを提出しない。




不動産をやっているのに、いまだに不動産の知識がない。



そもそも、学ぼうとしていない。



何とか比率とか、何とか係数など、全くわからない。



報告・連絡・相談などの基礎的な仕事術も、全然守っていない。



何事も常に準備不足で、行き当たりばったり。



だから、何でも仕事は人に任せる。



面倒なことは、やりたくないしそもそもできないから、やらない。



結局、何もやらずに、何も引き受けずに、仕事を割り振ってばかりになる。



もし私が仕事のできる人間なら、いろんなことを任せられて、忙しくなって日々「受注」ばかりしていただろう。



仕事のできない人間なので、いろんなことを人に任せ、日々「発注」ばかりしている。



これは楽だ。



指示を出していればいいだけなのだ。



仕事ができてしまうと、いろんな人から仕事を頼まれて、日々が大変な暮らしになってしまう。




仕事ができなければ、発注ばかりしていればいいので、毎日の暮らしが楽になる。



お勧めだ。



仕事ができる人に指示を出し、全部仕事をやってもらい、図々しくお金は自分が受け取り、そこから仕事をしてくれた人に謝礼(給料)を払う。



これこそ、仕事のできない人間が、仕事のできる人間より10倍程度稼ぐ秘訣なのだ。



仕事のできない人は、この方法で一度稼いでみることをお勧めしたい。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です