「君にならだまされてもいいよ」


廃墟不動産投資は、他人の物件で図々しく家賃だけgetする方法だ。



そのためには、物件のオーナーの信用を勝ち取っていなければならない。



空き家のオーナーから、実印と権利証書を渡されたことがある。




しかも、実印を「ホイ!」って感じで投げられた。



「何やわし、ようわからんさけ、これ具合ようついとくれぇやっしゃ」
(私は何が何だかよくわからないので、この印鑑を好きに使ってください)



私は思わず爆笑した。



「契約に実印や権利証書は要らないですし、大事なものなのでどこかに大切に保管しておいてくださいね。

それにしても、もし私が悪人だったらどうするんですか?」


と冗談を言ってみると、

オーナーは笑いながら、

「君にやったらわし、だまされてもええわ  そやけど、だました後、晩メシぐらいは面倒みてや」

と答えてくださった。



廃墟不動産投資は、このようにオーナー(=不動産投資に関心がない地主)との信頼関係で成立する。



不動産の知識や経験や資格や初期費用は一切不要だ。




逆に、不動産の知識や経験や資格があったとしても、すぐに信頼関係ができるわけではない。



実のところ、信頼関係を築くポイントは、たった一つだけだ。

『正直に話すこと』

これだけだ。



これだけで、No risk ・ High return の投資が実現する。



やはり驚異的に効率が良く、オススメできる。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




「「君にならだまされてもいいよ」」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    出来そうで、出来ない事に気が付きました。
    若ければ多分とらえ方が違い、自分にも もしかして出来るかも?と思えたかもしれませんね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    廃墟不動産投資の真髄の部分ですね。

    逆に「君にならだまされてもいいよ」がゼロだと、いくら相手に100万円あげるといっても、何もさせてくれないような気がしました。

    正直って深いですね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >東日本内装研究所さん

    大丈夫!

    世の中はなかなか甘く、たいていの人は優しいと思います。

    「世の中は厳しく、優しい人はいない」と言う人は、思考停止気味になっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です