不動産は楽して儲けやすいか?


大家業とは、

宅建を取得して不動産屋に勤めて、真面目に働いて融資や物件概要などの知識を身に付けていき、、

という正規ルートでは、大して儲からないと思うが、

一般投資家としてフリーの立場だと、

稼ぐのはとても簡単で、しかも楽して儲かるおいしい商売だと思う。



しばらくすると働かなくてもよくなるので、収入は不労所得だ。




ある意味、開業医や野球選手より遥かに稼げる。



また、不動産をやっているうちに何となく入ってくる副収入も、なかなかおいしいものだと思う。



例えば、一般の工務店に1000万の仕事を紹介して、100万の紹介料をいただいたり、

不動産屋に数億の売買の大口顧客取引をあっせんして、手数料の一部をいただいたり、

と紹介関係のビジネスがすぐに成立する。



実労が伴う仕事はあまりお勧めしないが、それでも頻繁に活動すれば副収入だけで年間500万はすぐに稼げるだろう。



しかしながら、やはり、

廃墟をただ同然で借り、ちょっと直して貸し出したり、

激安オンボロ物件を買って、ちょっと直して貸し出したりするのが

一番楽で面白く簡単に稼げそう。





安易に信じてやってみてほしい。

誰しもがボロ儲けまではいかないが、けっこう簡単なはずだ。

そもそも、不動産じゃなくても、

ボロ車をただ同然で借り、ちょっと直して貸し出したり、

ボロブランド品をただ同然で借り、ちょっと直して貸し出したり、

ボロPCをただ同然で借り、ちょっと直して貸し出したり、

***で###されそうな★と◎をただ同然で集めてきて、☆☆☆の隣で販売したり、

というように、楽に稼げそうなアイデアがゴロゴロ転がっている。




嫌な仕事を低い給与で我慢してやっている人なら、安易な気持ちで、ぜひ退職して新たなビジネスを始めてほしい。



深く考えずに、安易に始めるのが、最大のポイントだ。



「責任取ってくれるの?」と尋ねられそうだが、やはり、責任などと言ってそんなに難しく考えない方が良さそうだ。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




「不動産は楽して儲けやすいか?」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です