廃墟不動産投資のmerit, demerit


廃墟不動産投資のメリットとデメリットを思いつくまま書き出しました。



このことは、確か動画でも説明したと思います。



本当はもっとたくさんありますが、簡単に下に記しておきます。


<<merit>>

・融資や初期投資が不要・・・手持ち10万でも可能

・空室リスク無し・・・入居者が見つかってから、オーナーに家賃を払うシステム

・リフォーム費用を自分でコントロールできる・・・ほとんど直さず超激安で貸してもいいし、しっかり直して普通の安い家賃で貸してもいい

・超高利回り・・・かけた費用は数ヶ月で回収できる

・プー太郎でもできる・・・資格や知識や経験が不要



<<demerit>>

・売却という、出口が無い・・・所有していないから売れない

・最低限の人間性が求められる・・・例:愛想が極度に悪くない、出会った人をものすごく不快にさせない、初対面でも信用してもらえる、など

・最初のオーナーとのやり取りが少々面倒

・たまに、オーナーの意向に縛られる・・・「外人に貸すな」など

・慣れるまでは外注できないことが多いので、根性も少しは必要・・・うまくいかない日が続いたらやめてしまう人が多い


<<廃墟不動産投資とは>>

放置された空き家を借りて、10万ぐらいでちょっと直す(掃除とゴミ捨てなど)。 

  ↓
入居者から4万ぐらいもらい、そこからオーナーに2万ぐらい渡す。 

  ↓
典型例は、投資額10万、毎月利益2万、投資資金を5ヶ月で回収。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




「廃墟不動産投資のmerit, demerit」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です