チラシ配り宇宙一


この記事は1分30秒で読めます

昔、友人の会社のチラシ配りを、ボランティアで手伝ったことがある。



チラシを配っていた4人で、1時間に何枚受け取ってもらえるかを競いあった。



みんな100枚ちょっと受け取ってもらっていたが、私だけ50枚ぐらいと半分以下だった。



「ん~、やっぱり私は基本的に仕事ができない奴だな~」と思った。



そこで、裏技を考えてみた。



まず、交差点で信号待ちをしている、気の弱そうな優しそうな人を見つけるのだ。




その人に、周囲をはばからず大声で「この通~りですっ!!ぜひともお受け取りを!!何とか!!この通りです!!お願いいたします!!」
と深々と頭を下げてチラシを差し出した。



100%受け取ってもらえる。




そこで、すかさず隣の人に

「隣の方はお受け取りになられましたよ。」、

その隣の人に、

「皆さん、お受け取りになっています。」

そしてその隣の人にも、、、



「ハイ、ハイ、ハイどうぞ~」

と、交差点で信号待ちをしている20人ぐらいに、片っ端から全員にチラシを手渡すことに成功。


交差点で、ひたすらこの方法を実施した。



他のみんなは1時間に100枚ちょっとだったが、

私は一気に1000枚近く、チラシを配ることができた。




チラシを配る私に、軽い人だかりが常にできて、さらに配布効率がUPした。



そのときは「私のチラシ配りは、宇宙一じゃないか?」と思った。



基礎的な仕事力が低いからこそ、こうした裏技を思い付くことができる。



何かに行き詰まったら、ちょっと立ち止まってほしい。



いきなり10~20倍ぐらいの成果が出るような方法を、考えてみるのが良い。



優秀な人なら、もっと大きく、普通の人の50~100倍ぐらいの成果を出す方法を考えてみるのが、良さそう。


知識や資格は要らないから、群衆心理を読んだり、人の行動原理を把握する方が、効率が良くてしかも成果が早い。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ! 




「チラシ配り宇宙一」への4件のフィードバック

  1. 本当に村上さんは天才ですね。
    最近村上さんの本を読んで衝撃をうけ現在ブログを過去へさかのぼって精読しているところです。
    村上さんの考え・発想は神がかっています。
    私も日頃からいかにお金や体力を出さずに知恵をだすかを考えているのですがなかなか村上さんみたいにはいきません。
    これからも私も村上さんみたいになれるように研究や努力を積んでいこうと思います。

    1. ものすごくお褒めいただき、とても嬉しく思います!

      大変懐かしい記事をお読みくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です