仕事は追うべきか、追われるべきか?


不動産をやっていると、自然といろんな関連業種の人と知り合う。



私の場合、一般的な不動産投資ではないので、全く関係無さそうな業種の人の方が多い気がする。



福祉系、IT系、教育系、環境系など、不動産とはそんなに接点の無さそうな業種だ。




そこで、

仕事に追われて日々フラフラになっている社長さんと、

仕事を追いかけて日々余裕をもって充実している社長さんがおられることに、気付いた。



同じような規模で、同じような収益で、仕事に追われているのと追いかけているのは、

はたから見ると同じ感じだ。



しかし、本人の感覚からすると、王族と奴隷のような違いがあるのではないだろうか?




やはり、仕事はそんなにやらない方がいい。



野良猫ぐらいの労働量で十分かもしれない。



遊びや長い休日に飽きて仕事がやりたくなってたまらなくなって、思わずやってしまった仕事というのは、

いつも追われている人の仕事と比べて、

質が5倍、量が2倍、スピードが4倍ぐらいになり、

効率は40倍程度の差になる。



仕事に追われることとはぜひとも絶縁して、仕事を追いかけるようになるのが、人生にとってとても良いと思う。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ! 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です