廃墟不動産投資に取り組む人へのインタビュー


不動産の新聞のコラムにチャレンジしました

最近、「廃墟不動産投資」でうまくいっている人がちらほら現れてきました。



今後、たま~に紹介してみたいと思います。



第一番目にご紹介するのは、廃墟不動産投資に取り組む札幌の「樹脂」さん。



この方の写真はありませんので、インタビューのみ掲載します!




・樹脂さんが廃墟不動産投資をやるにあたり、一番つらかったことは?

辛かったと思えるようなエピソードにはまだあたっていないかも・・・。

しいて言えば、リフォームや屋内を清掃するにあたり、内部がどうしても汚染された環境になっていました。

人がしばらく生活していない(10年近く)環境ですし、内部には以前住まわれていた方の遺物といいますか、生活感の見られるものが残っていますし、それを除去するのにはいいのだろうか??という疑問が生じたのは事実です。

しかし、建物を再生するに当たり新しく住まわれる方にとっては邪魔なものでしかないので、残留物の今後に関して持ち主に確認を取っていく作業が相手にとっても「面倒なことだなー」と感じました。

実際はまったく使用しない「ゴミ」なんですけどねー。
 


・逆に、一番面白かったことは?

周囲の方の目線ですね。

通行する方や隣人はこんな物件直してどうするの? といったお声を多数いただきます。

しかし、建物は再生しますし、また人が住めるようになります。

見る人が見れば宝ですし、興味のない方から見ればゴミに見えます。

価値観は人によってそれぞれ違うというのを改めて知ることが出来たことです。


 
・交渉がうまくいったとき、どう思いましたか?

実際には同様の物件を近所で足を使って探し、めぼしいものの情報を仕入れる。

隣人に聞いたり、資料を取ったり。

10件探してうまく話をしてくれるのがそのうち1件あるかどうか・・・。

苦労がある分、交渉がうまくいったときはうれしかったですね。

しかし、いま思えば「ま、こんなもんか」という感じに思えます。


 ・リフォームはどの程度、しましたか?

最低限のリフォームで済ませています。

もちろん生活必需品に関してはきちんとしました。

電気、水道、ガス等のライフラインに関してはのちを考えると今することが望ましいと考えました。

北海道はどうしても冬の凍結から逃げれません。破裂してからではあとが大変になるのは身をもって知っていますので先に手を付けました。

割れたガラスや穴の開いた外壁の補修、

窓の開閉を整え隙間をふさぐ、

虫や動物の駆除、

あとは鬼の掃除です。



 ・トータルの印象で、楽勝な感じでしたか?

別に仕事をしながらの作業でしたので、楽に物事が運んだという印象はないですが、それぞれの関わった人たち全員にメリットがあると思うとやってよかったと思います。

借主、持ち主、私、設備屋さん、等にwin-winの関係が出来たと思います。

楽勝かと言われれば、違います。

人が入居している以上設備は壊れますし、全額回収できているわけではないので気は抜けません。 


・次も、物件を普通に買うより廃墟不動産投資でやりますか?

自己物件があるに越したことはないのでしょうけど、購入に関する手間暇やレバレッジのことを考えれば廃墟不動産投資が一番の近道だと思います。

同様の物件があれば、同じように手を付けると思います。 


・廃墟不動産投資で借金せずに年収2000万ぐらいか、10億ぐらい借金して年収3000万か、どっちをやってみたいですか?

Ans.廃墟不動産投資で借金せずに年収2000万

いまの現状(会社員兼用)での理想は両方合わせて1000万

廃墟不動産で年収500万 2000万借金して年収500万

会社員ですので、借金は金利の安い今がチャンス


 ・これから廃墟不動産投資をやろうとしている人たちに一言お願いします。

不動産の隙間を行く投資方法だと思います。

一歩前に進んだり、自分や社会の立ち位置を上から見ることが大事になってきます。

利用できるものは利用する。

後に楽をしようとするなら今勉強して苦労する。

廃墟はこれからどんどん増える!


樹脂さんプロフィール

札幌市出身 平々凡々と暮らすも、紙の投資に出会い投資を開始。

FX、株で穴をあけ、嫁より遺憾の意を表示され、紙以外の投資を探す。

「金持ち父さん 貧乏父さん」を購読。

会社員にて働く傍ら、不動産物件を探す。

物件探しに没頭するも、なかなか良い物件に当たらず。

現地視察は購入前に80件以上こなし、昨年収益物件を手に入れる。

近所の空き家を何とかできないか?と考え、空き家を回り現在に至る。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ! 




「廃墟不動産投資に取り組む人へのインタビュー」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    これはもしや・・・例の物件ですね。

    バックの綺麗なマンションと素晴らしい対比。ボロボロですね。

    Team Boloさんのブログにも長年の間に「土手のような草造りの家」状態になった

    家が紹介されてます。

    これにはさすがに負けてますが。

    今後ともよろしくです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >sakurapanndaさん

    ご覧いただき、ありがとうございます☆

    爆撃を受けたように見える家でも、意外と50万ぐらいの工事で貸し出せるようになるものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です