プロ野球と人生は、順位の付け方が違う


非常に単純な話だが、

例えば、下記3チームがあったとすれば、プロ野球ではどういう順位になるだろうか?



阪神1勝
巨人1敗
中日0勝0敗(まだ試合していない)




この場合、

1位 阪神 -
2位 中日 0.5
3位 巨人  0.5


となる。



だから、試合していない中日が、試合で負けた巨人より順位が上になる。



これはプロ野球の順位付けでは当然の理屈だ。



しかし、人生は、プロ野球と全然違うと思う。



プロ野球の順位付けみたいな考え方で、

「試合して負けた奴より、試合しないで0勝0敗のほうが上だ だから、試合しないで無難にいこう」

という人が結構多い。




こういう考え方は、人生1000年もあるわけじゃないから、とてももったいないと強く感じる。



敗北することより、ビビって何もできなかったことのほうが恥だ。



嫌われることより、何とも思われなかったことの方が、ダメだ。



勝つためには、目の前の試合にすぐに挑みたい。



勝つまでやればいいのだから、負けてしまうとしても、どんどん戦っていきたい。



最もシュートを入れたマイケル・ジョーダンは、最もシュートを外した人らしい!



最もヒットを打つイチローは、最も空振りした人だと聞いたことがある!




だから、外してでも、シュートを打ちたい!



笑われても、そんなことは仕方がない。




空振りを気にせず、豪速球に手を出そう!



勝負があったら、見送らずに挑むんだ!



ビビらずに、まずはボロ負けしてみろ!



プロ野球の順位付けと同じ考えを、人生に持ち込まないよう、十分に注意したほうがいい。


人気ブログランキングへ ←参加しました!




「プロ野球と人生は、順位の付け方が違う」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    空家は見つかれど、なかなかオーナーさんを見つけられないダクト職人です、いつも記事を読んで勇気をもらっていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です