情報商材についての考察


かなり長文になりました。

私からすると博士論文並みです。

読破には7分程度かかります。

あなたのすごくprecious時間を、くださいね。



数ヶ月前、情報商材という言葉自体を知った。



私から廃墟不動産投資を学んでいる人が、廃墟不動産投資を少しアレンジした投資法を考案し、それを情報商材で売りたいらしく、私に許可を求めてきたのだ。



私は、特に気にせずOKした。




以前、ある人気ブロガーさんが、私の廃墟不動産投資ノウハウを勝手に販売していた。



それを人づてで知ったとき、私は、特に何も思わなかった。



その人気ブロガーさんは、私が激怒していると思って、私に謝ってこられたが、

私は全く怒っていなかったので、驚いておられた。



そんなこんなの話がいくつかあるが、

情報商材について、私の考えを述べたい。



人気ブログランキングに参加。 


情報商材については、一般消費者から、2つの声があるらしい。

「うさん臭い」

「高くても、欲しい」



そして、私や私の周辺の、やろうと思えばすぐに情報商材を販売できる立場の人間からも、2つの声がある。

「そんなことをやるのは邪道だ 虚業だ」

「まっとうなビジネスだ 原価無しで儲かるね」



どちらが正しいのか、私なりにいくつか情報商材を分析してみた。




結論を述べよう。



一言にすると「本質は、成功法則本と同じ」ということだ。



詳しく説明しよう。



情報商材の「内容」のほとんどはおそらく、詐欺ではない。



しかし、購入したうち多くの人は、うまくノウハウを実現できていない。



「内容は正しいが、多くの人は実践しないので、結果として、何も成果が出ない」ということだ。



つまり、ちまたで出回っている成功法則、成功本、成功系セミナーと全く同じだ。



廃墟不動産投資も同じだ。



成功法則は、基本的に、誰でもすぐに実践できる平易な内容ばかり

(例:強く念ずれば実現する、習慣化が大事、目標を紙に書く)

だが、実際にやる人が少ないので、「うそっぱち」のように思われるのだ。



私は、全部ではないが、ある程度そういうノウハウを実践しているので、

一般の人から比べると、まあまあ成功している。



特に能力があったわけでも、努力したわけでもないが、「単に実践した」から、できている。




つまり、「実践しないと、何も変わりませんよ。ご注意!」ということをしっかり強調すれば、

情報商材の販売はまっとうなビジネスだと思う。



逆に、「実践しなくても、バコバコ稼げますよ」と無知で怠惰な人を強く誘導するのは、詐欺っぽくて、うさん臭い。



情報商材の提供者は、

単にノウハウだけではなく、「必ず実践するように!知っただけで満足するな!」と丁寧に説くべきだと思う。



情報商材の金額について、「高過ぎるからダメ」という人がいる。



これについては、私は同意できない。



金額なんて、いくらでも良いと思う。



提供者が自由に決めるべきものだ。

人気ブログランキングに参加。 

料亭が、夜の懐石を、5,000円にするか10,000円にするか30,000円にするか50,000円にするか100,000円にするか200,000円にするかは、

料亭の自由だ。



もし5,000円でも「マズいなぁ。。」と思われたらお客は少なくなるし、

200,000円でも「おいしいし、この雰囲気は他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です