世の中は甘くはない?意外と甘い?どっち?




いきなり、今日の記事の結論を書く。



他人の善意を信頼しない人は、低収入になったり、生活に困ったりする。



他人の善意を信頼する人は、高収入になったり、常に豊かでいられる。



私は幸い、後者だ。



とある、ニュース。

よく見聞きするような、ささいなニュース。



生活費(生活保護費を一瞬でパチンコに使い果たす)の無くなった男が、

「パンを出せ」「100円を出せ」と店主を包丁で脅して逮捕、という事件だ。



当たり前だが、全く理解できない。



「理解できない」というのは、二重の意味でだ。



例えば、銀行で「1億円を出せ」なら、犯人からすると、「1億得るためには脅すしかない」という思考に陥っているのが理解できる。



しかし、パンとか100円で、なぜ脅すのか?



はっきり言って、パンとか100円はタダでもらえる。



世の中、ほとんどが善意で構成されている。




特に日本は、そうだ。



善意が世界一の国だ。



もしお金が無くなったら、正直に、

「すみません。お金がなくて、パンが食べられないんです。もし良かったら、賞味期限切れでいいので、

パンをいただけると、嬉しいです。」

「すみません。お金がなくて、食事ができないんです。もし良かったら、小銭だけでもいいので、

少しお金をお恵みいただけると、嬉しいです。」

と礼儀正しく丁寧に頼むと、

ほとんどの場合、パンやお金をもらえる。



おそらく、1000円もらえる。



パンも、賞味期限切れではなく、商品のパンをもらえる。サンドイッチやおにぎりも付けてくれる。



1日中、いろんな人を頼んでまわれば、1000円札が20~30枚集まる。




こういうことを書くと、

「世の中、そんなに甘くない!」

「他人はそんなに優しくないよ」

と反論してしまう人は、他人の善意を信頼していない。



そういう思考だと、いつか低収入になったり、生活に困ったりする可能性がある。



要注意だ。



逆に、他人の善意を信頼する人は、高収入になったり、常に豊かでいられる。



困ったら、周りの人や、知らない人に助けを求めれば良い。




世の中、ほとんどは甘くて優しい人ばかりだ。



そして、誰か困っている人がいたら、普通に助けるのだ。



「助けてやったぜ」とか思わず、無意識でそのように行動するのだ。



極論すると、日本は、無収入でもぜいたくに暮らせるほどの、善意と優しさに満ちた世の中だ。



人の善意を信頼し、稼ぎまくろう。



そして、人を助けまくって、優しくしまくろう。



二度と会わない人に、ご飯をおごろう。



そして、別の二度と会わない人から、ご飯をおごってもらおう。



そうこうするうちに、お金や善意や優しさや豊かさが、空気のように無制限であることが理解できるのだと思う。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




「世の中は甘くはない?意外と甘い?どっち?」への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    人の善意を信じられない人は、「こんなことをお願いしたら失礼に当たる」と思う。「ひょっとしたら怒られるかもしれない」と避ける。思い当たります、ガシガシと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です