不動産投資のジレンマ① (どうすればいいの?)


賃貸物件や大規模分譲マンションの建設ラッシュが続き、

供給過剰な状態が進行し、

大都市でも人口減少が近づいてきている。。



長期的に入居者を確保していくためには、

人口減少しないエリアに物件を得ねばならない。



東京であれば山手線のinsideとか、

関西なら京都の御所近辺、大阪の梅田から中之島、福島区辺りだろうか。



確かに、これらのエリアで物件を持てば、入居者に困ることはほとんど、無い。




しかし、高過ぎる。



私の最強奥義・廃墟不動産投資も、そういうエリアは空き家が少ないので、ちょっとやりにくい。



人口が増えていく人気エリアは高過ぎるので、利回りが出ないし、高過ぎて借金するのが大変だ。



地方の過疎化していくエリアであれば、6室の木造アパートが100~500万ぐらいで買えたりする。



満室にすれば利回りが50%とか60%。



場合によっては100%超え。



でも、そういうエリアはなかなか入居者がつかない。




人口も減少していき、どんどん街が寂れていっている。



皆さんもお嘆きのように、不動産投資には、そもそも

・入居者が集まるエリアは、物件が高過ぎる

・安く買えるエリアの物件は、入居者確保が難しい


というジレンマがあるのだ。


不動産投資のジレンマ②  ~唯一の解決策とは~ へ続く


 ← ランキングサイトで不動産投資を学べます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です