不動産投資のジレンマ② ~唯一の解決策とは~


不動産投資のジレンマ① (どうすればいいの?)からの続き



不動産投資のジレンマとは、

・入居者が集まるエリアは、物件が高過ぎる

・安く買えるエリアの物件は、入居者確保が難しい


ということだ。



それを露骨に解決するのが、

乞食&クリエイティブの「乞食(こじき)」のノウハウと、

酒とパチンコとTV三昧の暮らしを送らせ力(=酒パ力=さけぱりょく)なのだ。



乞食&クリエイティブの「クリエイティブ」の部分も刺激的だが、やはり「乞食」の方が強烈。



乞食ノウハウと酒パ力を駆使すれば、

「不人気エリアの激安物件を、満室にする」ことが可能になる。




廃墟不動産投資は、すべての空き家(日本に800万戸以上)で適用できるので、

多くの人々に公開しても差し支えないが、

乞食ノウハウと酒パ力は、少数だけで使用する必要がある。



多くの人に知られてしまうと、拡散してしまい、

ノウハウ使用者が儲けられなくなるからだ。




乞食ノウハウと酒パ力のノウハウ使用者は、全国で1500人ぐらいが限界だろう。



多分、今、乞食ノウハウと酒パ力を使いこなしている人は、400人ほどだろう。



おそらく、完全に使いこなしている人たちの平均年収は、3800万を超えている。



私は、これから乞食ノウハウと酒パ力を身に付けていこうと思う。



現在の400人から500人ぐらいにまで知っている人を増やしても、全体の趨勢に特に影響は無いだろう。



1000人を超えてくると、すでに乞食ノウハウと酒パ力を身に付けている人たちから、にらまれるかもしれない。



それはとても恐い。



最大100人と上限を決めて、乞食ノウハウと酒パ力を伝えていきたい。




また、物件を無料GETする男が、最近は高級車も無料GETしているようだ。



乞食ノウハウ×廃墟不動産投資×酒パ力×物件無料GET=???




不動産投資のジレンマ③へ続く


 ← このランキングサイトで、いろんな方の不動産投資を学べます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です