不動産ビジネスと心配・不安の本質について


不動産投資をはじめ、何かビジネスを始めるときに、

火災とか、他人に身体的障害を与えた場合とか、地震による死傷の賠償責任

を気にする方が非常に多い。




気にしない人はほぼ皆無だ。




私は全く気にしなかったが、そんな人は1000万人に1人ぐらいだろう。



ただ、不動産投資をはじめ、ビジネスにおいて、

火災とか、他人に身体的障害を与えることとか、地震による死傷の賠償責任が発生することは、

限りなくゼロに近い。




普段から何かと破天荒な人であれば、少しの確率は存在するもしれないが、

平凡で一般的な人に、そんなcatastrophe(すなわちtragedy)はまず起こらない。



もっと確率が高いことを心配すべきだ。




実は、

成功している人 成功しつつある人 将来成功する人

は、確率の超低いことより、確率がまあまああることを心配し、きっちり対策を練っている。



確率がまあまあ高いこととは、

夫婦喧嘩

交通事故

親戚や近所との口論やトラブル

風邪やインフルエンザ、病気

毎日が忙し過ぎてくたくたになって、体調を崩すこと


TVばかり観たりネットサーフィンばかりして、いつの間にか気付いたら、じじぃになって人生が終わること

満員電車で苦痛な時間を過ごすこと

のようなことだ。



ちなみに、物件の瓦が飛んで通行人を死亡させる確率は0.00000000000000000000000000007%だが、

普通に自転車をこいでいるときの事故の確率は、0.26%ぐらいありそうだ。




夫婦喧嘩で日々の生活がボロボロになる確率は、11.6%ぐらいありそうだ。



そして、最も気を付けるべきは、病気。



これは全てに優先して、気を付けるべきだ。



0.00000000000000000000000000007%のことばかり気にしている人は、

もっと確率の高い、0.1%以上起こりそうなことの対策を寝る方が良いと思う。



つまり、物件の瓦が飛んで通行人が死亡することよりも、風邪をひくリスクをもっと心配して、

公共機関でマスクを着用したり、帰宅したら毎回手洗い・うがいを励行したりすべきだ。




「そうは言っても、万が一の、もしものことがあったらどうするんだ!」と心配になる人は、

保険会社の華麗な本社ビルへ足を運んでみることを、お勧めしたい。

このランキングサイトで、いろんな方の不動産投資を学べます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です