良い話( ビジネス&廃墟不動産投資で本当に大事なこと )


DVD自体の写真



この記事を読む所要時間 1分50秒

「家を10万で直して、入居者から4万もらい、オーナーに2万払う。」

これが、典型的な廃墟不動産投資のお金の流れだ。

0323良い話 (ビジネス&廃墟不動産投資で本当に大事なこと) (3)
しかし、私のコンサルを受けている方のうち、

下記のような取引ができた方がおられる。

「家を直す10万はオーナーに払ってもらい、入居者から4万もらい、オーナーには何も払わなくていい。」

完全に、家賃だけのいいとこ取り。

なぜそんなことが可能なのか?

その彼は、単純に、オーナー(高齢で独り寂しく暮らしている)の話を親身に聴いてあげたからだ。

0323良い話 (ビジネス&廃墟不動産投資で本当に大事なこと) (1)
ビジネスと関係のないこと、家と関係ないこと、賃貸と関係のないこと、

つまり、そのオーナーの病気の話、家族の話、昔やっていた商売などの話を、

延々と親身に聴いてあげたのだ。

ビジネスで本当に大事なこととは、お客に商品説明をすることではない。

廃墟不動産投資のシステムを説明したり、契約書の話をしたりすることではない。

ビジネスと関係のないこと、商品と関係のないことを、ひたすら聴くのだ。

はっきり言って、価格も契約も適当で良い。

「そんな非効率なこと、、」

「そんなの、無駄な労力だよ」

とお感じになる方もおられるかもしれないが、

結果として、トラブルが無く、高利益体質の経営が可能だ。

できれば、お客には商品説明など一切せずに、

全てを任せてもらえるよう、親身に話を聴きたい。

0323良い話 (ビジネス&廃墟不動産投資で本当に大事なこと) (2)
聞くではなく、「聴く」ことが重要だ。

 

Listenなんだよね。

土地と建物を無料GETできるかもしれない。

独りで寂しい高齢の地主さんにとって、土地と建物なんてあまり意味は無い。

話を聴いてくれる人の方が大事だ。

物件をただで借りてあげてもいいのかもしれない。

相手に喜ばれながら、資産をきっちり移転させる。

高齢オーナーは相続税を極度に嫌うが、

話を聴いてくれる人に資産を提供するのは、

嬉しいことなのだ。

不動産投資の学び方

コメント

1. その通りです
高齢の大家さんのきもち、超わかります。私も話を聴きに来てくれるならキット貸すと思います‼️話を聴いてくれる人は、とても大切です。本当にいません。
大家大好き


「良い話( ビジネス&廃墟不動産投資で本当に大事なこと )」への1件のフィードバック

  1. 高齢の大家さんにとって、何が大事か?
    高齢の大家さんの生き方に共感してくれる人が欲しいのでは
    ないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です