コンサルの師匠の選び方。


↑ このサイトで不動産投資の学習がタダでできます
コンサルを受けたり、

 

セミナーを受けに行ったりする先駆者選びについて、

 

相談を受けたことがあります。0423コンサルの師匠の選び方。1

 

 

どんな人にコンサルを受けるのが良いのか、

 

私は的確にアドバイスできます。

 

 

◇ハイリターン重視派・・・借り入れ1億 年収5000万 が目標

 

◇折衷派・・・借り入れ5000万 年収3000万 が目標

 

◇ノーリスク重視派・・・借り入れ無し 年収1000万 が目標

 

 

なるべくリスクは取りたくない初心者の方や、

 

勤め人ではない人なら、ノーリスク重視派として廃墟不動産投資家(=私)をオススメします。

 

 

0423コンサルの師匠の選び方。
ハイリターン重視派や折衷派の方々には、誰が良いかをアドバイスします。

 

 

もう一つ言えることは、

 

仕事が楽しくなくて、給与もそんなに高くないのに、

 

毎日我慢してサラリーマンや従業員をやっている方は、

 

早く辞める方が良いのではないかと思います。

 

 

できれば明日すぐ辞めて、業務の引き継ぎはボランティアで、しっかりと終わらせてください。

 

 

日本社会は、基本的人権で定める生活最低限度の水準が非常に高いので、

 

生活を心配する必要は特にありません。

 

 

コンサルやセミナーなどはある程度の出費となりますが、

 

何もしないと、人生は何も変わらないので、

 

あまり気にせずに気軽に行動してみるほうが良いです。

 

 

0423コンサルの師匠の選び方。2
ちなみに、私の言うことに衝撃を受けて、会社を辞めた人が去年は10人ほどおられます。

 

 

今のところ、

 

「収入は減ったけど、毎日が楽しい」

 

という人が多いです。

 

 

いずれ、サラリーマンのときの収入を超えると思います。

 

 

収入が激減して、生活がちょっと苦しくなった人もおられますが、それでも、

 

「会社員のときよりは格段に毎日が充実している 全く後悔していない」

 

という感想をお持ちなので、やはりお勧めできますね。

 


「コンサルの師匠の選び方。」への1件のフィードバック

  1. 勤め人はリストラでかなり前に辞めました。
    今は失業保険もらいながら、大工関係の訓練中です。
    これも、本来は辞めた方が良いのは、解ってはいるつもりですが。
    自分がやりたかったのでこれは続けます。

    やりなながら村上さん、えんさんの教えを少しづつでも、
    実行します。

    そうするとなぜか、女子高生などの話題になっている様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です