年収1億円と、人の心についての随想


↑ このサイトで不動産投資の学習がタダでできます
凡人が努力せずに到達できる最大年収は、1億円であると考えている。

 

 

だから、凡人たる私が、努力せずに1億稼いでみたい。

 

 

実験したいとは思っていたが、面倒くさい感じもして、放置してしまっていた。

 

 

しかし、改めて、1億をやってみたいと強く思う出来事があった。

 

 

具体的な出来事の内容はあえて書かないが、

 

なぜ1億をやってみたくなったかと言うと、

 

「年収は、人の心を買うという分野において、一切影響を与えない」からだ。

 

 

「え??」「は??」と思った方が多いと思う。

 

 

「人の心に影響を与えるから、1億に挑戦してみるんじゃないの?」

 

「人の心に影響を与えないなら、挑戦する意味が無いんじゃないの?」

 

と思われるだろう。
いろいろな経験や実例を観察して気付いたのだが、

 

恐ろしいほど、年収は人の心に影響を与えない。

 

 

年収300万でも1億でも、好感度はそのままで、

 

人の心をキャッチする難易度は特に変わらない。

 

 

そうであるなら、まず1億という数字を達成してみて、

 

そこから、1億よりも遥かに難易度の高い、人の心をキャッチするという偉業に挑みたいのだ。

 

 

つまり、何が言いたいのかというと、

 

人の心は年収1億を達成する程度で買えたり、変えたり、動かせたりできるようなものではなく、

 

人の心をキャッチするという偉業に挑む前提として、

 

まずは年収1億を達成しておきたいのだ。

 

 

人の心は、全くお金では買えない。

 

 

驚くほど、年収1億は人の心のキャッチに役立たないということを痛感し、

 

改めて、人の心をキャッチするという難易度の高さを強く認識したい。

 

 

そのために、年収1億に挑戦したい。

 

 

年収1億達成後、人の心は全く買えないという事実を目の当たりにし、

 

激しく自身に襲いかかる虚無感ともの悲しさは、

 

きっと、人間味の深さを驚異的に掘り下げてくれるだろう。

 

 

1億達成後の男が背負う哀しみは、どことなくセクシーな影を残す。

 

 

そのときにささやく我が独り言は、

 

もうすでに用意してある。

 

 

それをもし聞きたい方がおられるなら、

 

雲のごとく気まぐれで透明な私のしずくを、

 

どうか何も言わず、、

 

 

ただ受け取っておくれ。

 


「年収1億円と、人の心についての随想」への2件のフィードバック

  1. 推定年収は1億達成しておられる、
    必殺さんも、大変な寂しがりやで、
    正義感の大変に強い方でした。

  2. ご無沙汰しております。仰るとおりですね。1億円でも何も変わらないと思いますが、未知の世界を覗こうとするのは良い試みですね。人間力不足でノウハウ発揮ならず、成果は未だ出ませんが、もう一頑張りしてみますね。それにしましても、狂おしいくらい甘美な随筆ですね。気まぐれなトリクルダウン、黙って頂きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です