Airbnbバブルは青天井


↑ 今、何位になっているでしょうか? 面白い記事がたくさんあります

 


0619Airbnbバブルは青天井 (2) 大好評いただいているAirbnbコンサル。


 

 

すでに定員オーバーとなりましたが、

 

講師の拡充に伴い、あと数名様分(法人を含みます)の受け入れキャパができました。

 

 

一旦締め切りましたが、再び受け入れることが可能です。

 

 
こちらからお問い合わせください。

 

 

なお、現在はメールや問い合わせが殺到中なので、

 

お返事には3~4日、お時間をください。

 

 

以下、Airbnbについて私の感想を述べます。

 

 

1分半でお読みいただけると思います。

 

****************************

 

Airbnbの稼ぎやすさがさらに加速し、突き抜けた青天井になっています。

 

 

知り合いの大阪の社長は、オープンして3日間で128件もの問い合わせがあったらしく、

 

「おいホテル~!旅館~!もっとがんばらんかいー、何しとんねんーー、うちんとこばっかしに客が集中してまうがなーー!」

 

とライバル業種に奮起を促されていました。

0619Airbnbバブルは青天井 (1)
 

 

気が狂ったような市場です。

 

 

観光マネーは氾濫の域を遥かに超越しています。

 

 

供給に対して、需要が多過ぎます。

 

 

私はいくら儲かる仕事でも、

 

労働(社員への指示を含めて、宿の準備や問い合わせ対応や清掃システム構築など)が好きではないので、

 

Airbnbはやらない方針なのですが、

 

ここまで儲かるビジネスだと、最近は心が揺らぎます。

 

 

関西では京都・大阪、全国では福岡・名古屋・北海道、そして東京を中心に首都圏全般など、

 

外国人が殺到し過ぎて、彼らは宿が取れずにかなり困っています。

 

 

京都では寝袋で一夜を過ごす白人が散見されます。

 

 

全国的に外資系ホテルがどんどん参入していますが、全く間に合いません。

 

 

ホテルや旅館の建設ラッシュが起きようとも、観光客の増加には追い付きません。

 

 

0619Airbnbバブルは青天井 (3)
まだまだこの傾向は強まっていき、加速度を上げていきます。

 

 

そう、未知のスピードをもリードするほどの猛烈な勢いがあまたの流星のごとく爆進していっているのです。

 

 

もし、「手っ取り早く儲けたいんだけど、そんなビジネスなんて無いよね。。」

 

と、この絶好調の時代につぶやいている人がおられたら、

 

普通に教えてあげたいです。

 

 

「Airbnbだと客が殺到します 信じるか信じないかはあなた次第です」と教えます。

 

 

正直なところ、都市部のアパートや戸建てのオーナーで、もし空室に困っている方がおられたら、

 

ほとんどの方々が、Airbnbを始めれば解決すると思います。

 

 

Airbnbが普及すれば、「空室に悩む」なんてフレーズは、死語と化すのかもしれません。

0619Airbnbバブルは青天井 (4)
 
ただ、多くのオーナーさんは「Airbnb?そんな西洋のものはよくわかんねーべ!!」

 

と一蹴されると思うので、

 

供給不足は今後も解消されないでしょう。

 

 

Special thanks

人気ブロガー ぺんたさん ←高利回り90戸!不動産投資家の鏡です

ゼロから始める不動産投資予備校さん ←かなり誠実系 安心して学べます

 

↑ 今、何位になっているでしょうか? 面白い記事がたくさんあります


「Airbnbバブルは青天井」への2件のフィードバック

  1. 今日、激安物件仕入れの実習(3.5万)で、
    村上さんや他の方々とお会いしました。
    ある方は村上さんのコンサルをそのまま実行。
    9ヶ月で6件稼働。
    取り敢えず実行が大切です。
    私もやっている向きを変えないと。

  2. 村上さんその節は1月の東京セミナー
    に参加承認していただき、ありがとうございました。
    村上さんの著作、拝読いたしました。
    早速全開で実践させていただきます。
    不動産ってどんなにやり方アドバイスしても、やらない方は
    やらないので、本当に不思議ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です