週刊プレイボーイ/廃墟不動産投資MAX(マックス)


↑ 面白い記事がたくさんあります

 

週刊プレイボーイに取材されました。 週刊プレイボーイ

 

Yahoo!の雑誌記事紹介にも掲載されています。 → 無職・資金ゼロから“空き家再生”で毎月100万円を得る方法


 

 

**********************************

 

 

 

廃墟不動産投資MAX(マックス)の紹介を忘れていました。

 

 

通常の廃墟不動産投資は、

 

オーナーから工事代をいただかず、10万で物件を簡単に直し、

 

入居者から4万もらって、オーナーに2万支払うという方法です。

 

 

 

一般の不動産投資と比較すると、ほとんどNo riskと言えますが、

 

一応、リフォーム代10万というリスクがわずかに存在します。

0906 週刊プレイボーイ 廃墟不動産投資MAX(マックス) (3)
 

 

 

入居者が決まらなければ、オーナーへの支払いは発生しないものの、

 

リフォーム代は回収できず、損します。

 

 

廃墟不動産投資MAXは、

 

オーナーから10万以上の工事代をいただいたうえで、10万で物件を簡単に直し、

 

入居者から4万もらって、オーナーに2万支払うという方法です。

 

 

 
この方法では、入居者が付かない場合でも利益が出ます。

 

 

つまり、リスクゼロどころか、最初から利益が確定していまうという、

 

投資の概念を覆すレベルの投資法です。

 

 

廃墟不動産投資とは、オーナーの工事負担無しで家賃差額を得る方法です。

 

 

廃墟不動産投資MAXは、常識破りの廃墟不動産投資自体の常識を覆すものです。

0906 週刊プレイボーイ 廃墟不動産投資MAX(マックス) (1)
 

 

 

 

 

廃墟不動産投資MAXは、簡単に言うと、オーナーの同情を買う方法です。

 

 

廃墟不動産投資ではオーナーは工事負担無しだけども、

 

やはり「少しぐらいは負担しないとなぁ。。」と思うオーナーさんも多くおられます。

 

 

そこで任意に、

 

「工事代をお支払いしていただく必要はありませんが、予算的には厳しいので、

少し援助してもらえると助かります」

 

と打診します(sound out)。

 

 

廃墟不動産投資で採用する工事は異常に安いので(床はカーペット、壁はよしず、天井は布)、

 

オーナーから援助してもらった少しの額が、総工事代を上回ってしまいます。

 

 

もちろん、工事代を上回った場合は

 

「そんなにいただかなくても大丈夫です」

 

と遠慮する姿勢を見せるべきです。

 

 

しかし、オーナーからすると、廃墟不動産投資の工事は100万ぐらいかけているように見えるので、

 

「いやいや無理しなさんな 少しぐらい出さないと気持ち悪いから」

 

と、お金をこちらに渡してくれます。

 

 

0906 週刊プレイボーイ 廃墟不動産投資MAX(マックス) (2)
廃墟不動産投資MAX(マックス)は、通常の廃墟不動産投資よりもさらにオーナーとの信頼関係が必要です。

 

 

しかしながら、オーナーの

 

「少しぐらい支払わないと何となく気持ち悪い」

 

という心理的要望に応える手法であり、

 

結局は全員が得をする投資システムです。

 

 

そもそも、全く投資していないこととなります。

 

 

最初から廃墟不動産投資MAXに挑戦するのは無謀ですが、

 

廃墟不動産投資をいくつかこなした方は、廃墟不動産投資MAXを試してみるのも良いと思います。

 

↑ 面白い記事がたくさんあります


「週刊プレイボーイ/廃墟不動産投資MAX(マックス)」への2件のフィードバック

  1. 何等かの行動によって、
    お金と言う感謝の表れになる。
    それだけの事を、
    出来るかどうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です