衝撃的な法則とは、何のことなのか?


 

 

 

「人口が減少しても不動産経営は楽勝だ」という、


 

真面目な話を5回にわたって展開してきた。

 

 

今日のブログは、精神的なことを書いてみたい。

 

 

ポジティブコンシャスという言葉をご存じだろうか?

 

 

DSC_0005誰も知らないはずだ。

 

 

なぜなら、私が今、考え付いた言葉だからだ。

 

 

「世の中は甘い。」

 

「ビジネスは楽勝だ。」

 

「景気は非常に良く、何かと稼ぎやすい。」

 

「人々はほとんどの方がとても優しく、特に日本国内では驚くほどの善意があふれている。」

 

「98%ぐらいの人は、ものすごく信用できるし、心が美しい。」

 

「この社会は、楽しいことが多過ぎる」

 

 
こんなこと(事実)を書くと、

 

「何を言ってるんだ!世の中は厳しいんだ!馬鹿かお前は!」

 

「ビジネスは難しくて苦労するものなんだ!」

 

「この不景気に何を言っとるか!」

 

「人はみんな自分のことばかり考えて、悪い奴ばかりさ」

 

「こんな殺伐とした時代に、人なんて信用したらだまされるだけだ!」

 

「毎日つまらない あ~、今日も明日もつまらない」

 

と、反論したり批判したり否定したりする人がおられると思う。

 

 

衝撃の法則を、お伝えしたい。

 

 

私が書いた、「人は信用できる」「善意があふれている」

 

などの文章に反論・批判・否定する度合いと、

 

その人のTV視聴時間が見事に比例するのだ。

 

 

毎日TVを観る人は、私の見解に全く同意しないはずだ。

 

 

週末だけTVを観る人は、私の見解にあまり同意しないだろう。

 

 

暇なときたまにだけTVを観る人は、私の見解に少し同意できるだろう。

 

 

そして、TVを一切見ない人は、私の見解にほぼ同意できるはずだ。

 

 

これは何を意味しているのか?

 

 

つまり、私がポジティブな幻想を抱いて妄言を吐いているのではなく、

 

TVが、ネガティブな幻想を振りまいて、

 

それを観る人々が悲観的になって、毎日暗く生きたり人を疑ったり、

 

世の中を厳しがったり、不景気がったりしているわけだ。

 

 

1108衝撃的な法則とは、何のことなのか? (1)この社会・世の中・現実は、実はポジティブな事実と真実に包まれている。

※具体例はいっぱいありすぎて書ききれない

 

 

このことを、ポジティブコンシャスと私はさっき、名付けたわけだ。

 

 

つまり、目の前に存在しているポジティブに気付くということだ。

 

 

これに気付くと、ほとんどのことがどんどんうまくいくので、

 

超絶お勧めだ。

 

 

「そんなうまい話はあるか!お前こそが幻想を見てるんだよ!」

 

とつい愚痴ってしまうあなたは、

 

まず今、目の前のTVを消してみるほうが良いと思う。

 

 

私たちは、歴史上最も豊かな時代の、非常に平和で豊かな国に生きている。

 

 

そんな環境で、悲観したり苦労したりしていることこそ、幻想なのだ。

 

 

1108衝撃的な法則とは、何のことなのか? (2)不動産は楽勝、ビジネスはカンタン、

 

周囲は優しい、他人は過剰なほど善意、

 

日々は楽しいことと笑いに包まれている。

 

 

きっと、あなたもTVから離れると、私の言っていることが少しずつ現実味を帯びてくる。

 

 

ぜひ、お試しいただきたい。


「衝撃的な法則とは、何のことなのか?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です