なぜ仕事でペコペコするのか?


 

 

 

ペコペコして仕事するのは、全然お勧めできない。

 

 

「弊社をお選びいただきありがとうございます!!」

 

とペコペコすることはない。

 

1209なぜ仕事でペコペコするのか?
私は、入居者に対しても、オーナーに対しても、ボランティアさんに対しても、

 

「貸してあげている」「借りてあげている」「遊んであげている」

 

という認識だ。

 

 

もちろん、普段はそんな素振りは見せないのだが、

 

もし何か文句を言われたとき、全くペコペコしない。

 

 

オーナーがもし家賃の増額を要求してきたら、

 

「じゃあ、今までの工事代を全額、利子を付けて払ってもらいましょうか!」

 

と返すし、

 

入居者が「シャワー室に防水カーテンぐらい付けてほしい」と言ってきたら、

 

「じゃあ、付けるから一般的な家賃に上げますよ!あなたにそんな財力あるんですか?」

 

と返す。

 

 

工事のボランティアさんが交通費を請求してきたら

 

「じゃあ、交通費払いますけど次のイベントはもう教えませんよ!いいんですか?」

 

と返していた。

 

 

もっとも、一部の入居者以外、ほとんど全て、関わる人には価格以上の価値を提供しているので、

 

「誰にでも文句を言う人」を除いて、文句を言われたことは、あまり無い。

 

 

入居者によっては、めったに見たことのない、あまりのボロさゆえに、不満に感じられるかもしれないが、

 

一般的にはどう考えても、家賃を大幅に相場以下に設定しているので、

 

貸主としてはかなりの自信があるのだ。

 

 

そもそもの比較対象が無い。

 

 

「嫌なら、他に行かれることをお勧めします」

 

と堂々と言える。

 

 

廃墟不動産投資は常に強気で運営できるビジネスだ。

 

 

1209なぜ仕事でペコペコするのか?2他の一般的なビジネスでも、極度に価格以上のサービスを提供したり、

 

異常に安価で商品を売ったりすれば、

 

一切ペコペコしなくて良いし、

 

気を遣う必要もない。

 

 

精神衛生上、ペコペコするのは良くない。

 

 

そんなことしても、大して儲かるわけではない。

 

 

どうせなら、堂々と客とは完全に対等に、

 

価格以上のサービスを提供して、

 

ストレス無しで運営していくべきだと考える。

 

 

ペコペコしていると、しょぼいサービスだと思われるので、注意したほうが良い。

 

 

紳士的に、礼儀正しく、良質なDNAを放ちながら、

 

決してペコペコせず、堂々と自信ありげにサービスを提供する。

 

 

イメージすべきは、医師の方々だ。

 

 

医師は客(=患者さん)に長時間待ってもらい、高額の報酬を受け取りながら、

 

全くペコペコしない。

 

 

当たり前だ。

 

 

しかし、それでいて、かなり尊敬される。

 

 

ビジネスをやるなら、医師のようなシチュエーション作りが重要だ。
1209なぜ仕事でペコペコするのか?3

 

尊敬されるレベルでサービスを安価に提供すれば、ペコペコなんて全くする必要が無いのだ。

 

 

そして、医師のように、人にめちゃくちゃ感謝されるレベルで仕事すれば、

 

高かろうが安かろうが、ペコペコしなくて良い。

 

 

ビジネスとは、本来そうあるべきだ。

 

 

この飽食でバブルで好景気の現代において、

 

もう、乞食の人すらペコペコしていない。

 

 

*******************************

 

 

「廃墟不動産投資の実践を日記にされている方のブログがある」

 

と読者様から報告がありました(なぜか更新が止まっています。。)


「なぜ仕事でペコペコするのか?」への1件のフィードバック

  1. なるほど。それが出来れば言うことなしですよね。自分自身、自分が提供しているサービスに自信を持て!ってことでもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です