「空き家バンク」というネーミング


 

行政のHPを見ると、よく「空き家バンク」が出てきます。

 

 

空き家を貸したい人と借りたい人を結びつけるサービスです。

 

 

実は、「空き家バンク」という言葉を初めて使ったのは、

 

0224空き家バンクというネーミング9年前の2007年に、

 

私と、そのとき私と空き家事業を話し合っていた友人です。

 

 

行政には、

 

「市民からのご意見」「お便り箱」「市長への手紙」

 

などでよく提案していました。

 

 

しかし、どの自治体も、

 

「貴重なご意見をいただきありがとうございます。参考にさせていただきます。」

 

という、印刷済の完全スルー文章が送られてくるのみでした。

 

 

時代は変わりました。

 

 

私が昨年、第一冊目として出版した

 

常識破りの空き家不動産投資術は、発売4日で増刷が決まるなど、まあまあ売れました。

 

 

買っていただいた皆さまのおかげで、

 

たまに、雑誌や業界新聞に取材していただけます。

 

 

本(電子書籍を含む)では、廃墟不動産投資(=空き家不動産投資術)を一通り学んでいただけます。

 

 

ただし、本(電子書籍を含む)を読んだだけではなかなか細かいところまで全て網羅することは難しい場合もあります。

 

 

一度、本を読んでいただいたうえで、

 

壁にぶち当たってしまい、前へ進めたい人は、

 

DVDをご覧ください。

 

 

※ちなみに、何とDVDには、Airbnbのノウハウも語られています。

 

 

20代前半の方は、DVDの52,400円

 

「ちょっと高くてつらい」

 

とお感じになるとお聞きします。

 

 

節約を望む方は、音声だけで何とか理解してみることもお勧めします。

 

 

しゃべっていることは完全に同じで、9時間以上収録されています。

 

 

その音声データは約2万円です。

 

 

ものすごい割安です。

 

 

今のところ値上げする予定は組まれていませんが、

 

今までの流れ上、突然値上げになる可能性もあるので、

 

気になる方は、お急ぎになってください。

 

 

今週の名言

 

男は、多くの、「とあるもの」を背負って生きねばならない。

 

その代わり、女より収入が少し多い。

 

2016 02 22 廃墟不動産投資家

 

 

今日の名言

 

廃墟不動産投資の活動開始当初、冷たい反応にひどく意気消沈することは、

 

今まで誰からも甘やかされていつもチヤホヤされて赤ちゃんのように溺愛されたまま過ごす人生を、

 

少し修正する絶好の機会なのである。

 

2016 02 24 廃墟不動産投資家

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です