真面目に働くことと、老後の暮らしとの関係について


 

この記事は1.5分で読めます そう、丸の内から伏見に着く間でも読めるんです

 

私はTVを自宅から撤去して9年が経ちます。

 

 

理由は、時間の無駄となるからです。

 

 

私は一般人でありタレントではないのですが、TVとはそもそも、出演するものだと捉えています。


 

 

最近、おうかがいしたお宅でTVが流されていて、ドキュメンタリーで私にとっては少しおかしく聞こえるようなことを言っている高齢者がいました。

 

 

「ずっと真面目に働いてきたのに、何で老後にこんな苦労をしなきゃなんないのですか」

 

 

年金が少なくて生活が苦しい、といった話題なのですが、

 

「真面目に働いてきた『のに』、お金がない」という表現に違和感を覚えました。

 

 

「真面目に働いてきただけだ『から』、お金がない」というのが真実のように思います。

 

 

「私は恥ずかしながらずっと真面目に働いてきただけでして、投資や運用を怠ってきたので、老後に苦労しとるわけなんです」

 

とつぶやいていたなら、しっくりきます。

 

 

「真面目に働く」という行為を、立派だと捉えている人が世の中には非常に多く、

 

それは常識や固定観念にとらわれているのだと思います。

 

 

「真面目に働く」のはロボットでもできるので、別に立派でも偉くもありません。

 

 

真面目に働いて成果がいまいちな人より、

 

全然働いていないけど圧倒的な成果を出している人のほうが遥かに立派で偉いはずです。

 

 

働いたことで得た収入をいかに自動化して増やしていくかということに頭を使わない限り、

 

「真面目に働いてきた『のに』生活が苦しい」

 

という不自然な理屈をもっともらしく、しかも堂々と語ってしまうこととなります。

 

 

ずっと真面目に単純に働いてきたがゆえに、老後にひもじい暮らしを送るのではなくて、

 

程々に真面目に働いて、得たお金を投資したり運用したりし、副業でもガッツリ稼いで、

 

生涯特にお金の心配をする必要のない暮らしを送るほうが、確実にお勧めですね。

 

 

PRさせてもらうと、投資や出資や借金や融資はリスクがあるから怖い方は、

 

廃墟不動産投資なら資金も借金も融資も不要なので、安心して始められます。

 

 

廃墟不動産投資は、10人中2人ぐらいが成功しています。

 

 

「えーー、確率が低いじゃないですか!!」

 

と思われると予想しますが、残りの8人は面倒くさくてスタートしていない、またはちょっとやってみたがモチベーションが途切れてしまったというだけで、

 

損失を出している人は皆無です。

 

 

『ボロ屋を10万で直して、4万で貸して2万払う』

 

という取引なので、最悪な場合でも、

 

『ボロ屋を10万で直したが、貸せないからそのまま』

 

というだけで、損失はわずか10万です。

 

※不動産投資の世界では、数百万の損失でも蚊に刺された程度だと表現されるので、10万の損失など全く損失がないのと同義です

 

 

なお、3軒もやればさすがに1軒は決まるので、その場合でも1年ちょっとで投資額が回収できます。

 

 

一般の不動産投資で投資額が回収できるのは早くても10年ほどです。

 

 

3軒中1軒しか決まらなくても、半端ない利回りとなります。

 

1231%e7%9c%9f%e9%9d%a2%e7%9b%ae%e3%81%ab%e5%83%8d%e3%81%8f%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%80%81%e8%80%81%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%ab

 

日々、いろんな方からメッセージをいただきます。

 

 

廃墟不動産投資が、実践している人からどのように捉えられているか、下記のコンサル生さんからのメールをご紹介しておきます。

 

 

個人は全く確定できないようにして、ご紹介したいと思います。

 

 

2016/12/29 <****@****ne.jp>:
> 村上さま
>
>
>  いつもありがとうございます。
>
>  村上さんのアドバイスを聞いて、だんだん楽しみにもなって来ました。
>
>  また、**県の**市の方からお問い合せもありました。
>
>  またひとつ、そしてひとつと、扱う物件が増えていくのがうれしいです。
>
>  お問い合せはそのはじまりです。
>
>  村上さんのおかげだと感謝しています。
>
>  村上さんはご自身で意識されているかわかりませんが、廃墟不動産投資は、貧乏な人にとってかなり大きな希望です。
>
>  昔絵本で読んだことがあります。題名は忘れてしまいましたが、後に偉くなる黒人の少年時のお話で、子どもの頃のある人との出会いの前後を切り取った伝記です。
>
>  少年は毎日、塩の精製所の山のなかで働いています。足は切れ、そこに塩が沁み、とてもつらい仕事です。(ここで暗く俯く少年の瞳)
>
>  ある日、父にいいます。「僕、字が読めるようになりたい、辞書を買って」と。
>
>  とても高価なものなので父は一度は断りますが、しばらく経ったある日、なんと少年のために買ってくれたのです。大喜びする少年ですが、辞書はアルファベットばかりで、そもそも何の意味なのかわかりません。そしてもちろん父も母もきょうだいも読み書きは出来ないため、誰にも教えられないのです。
>
>  「黒人諸君、新聞を読むんだ」いつだか街頭演説をしていたおじさんと夜道で偶然会った少年は、こういいます。
>
>  「おじさん、僕の名前を書いて!」
>
>  「おじさんは地面にしゃがみ、木の枝で、文字を綴り、少年の名前のアルファベットをひとつひとつ書き並べていきます。
>
>  少年は飛び上がって喜びます。
>
>  「希望だ! 希望が生まれたんだ!」と。
>
>   私にとって廃墟不動産投資は、まさにこの少年の見つけた希望です。
>
>   好きな仕事も続けながら、こうして淡々と進められるのです。
>
>
>
>   質問です。
>
>
>   ****は、村上さんは**ことはあるのでしょうか?
>
>   ****のアドバイスを頂きたいと思います。
>
>   ****が最強ということでしょうか?
>
>   ****関係に強い****を探しているのですが、サクサクとは見つかりません。村上さんはご存知でしょうか?
>
>   ****のある方の****をお手伝いする**があるとお聞きしています。ネットではうまく検索出来なかったのですが、**はご存知でしょうか?
>
>   よろしくお願いします。
>
>
>
>   ****

 

1231%e7%9c%9f%e9%9d%a2%e7%9b%ae%e3%81%ab%e5%83%8d%e3%81%8f%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%80%81%e8%80%81%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%ab
 

人気ブログランキング ~お小遣い稼ぎ(全般)~ で1位となりました。

 


「真面目に働くことと、老後の暮らしとの関係について」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です