低過ぎる目標には苦言を呈します


 

廃墟不動産投資をはじめ、「副業で稼ぎたい!」とか、「不動産投資である程度の収入を得たい」というご意見を日々、

 

私のブログやFacebookなどでまあまあいただきます。

 

 

その中で、一つ気になったことがあるので、シェアさせていただきます。

 


ずばり、低過ぎる目標には苦言を呈したいのです。

 

 

具体的には、

 

「副業で毎月5万稼ぎたい!」

 

「不動産投資で毎月10万ぐらいの収入を得たい」

 

といった数字です。

 

 

私は本来、どんなことであっても考えってものは人それぞれなので、苦言とか批判はしない主義です。

 

 

私が常に苦言を呈されたり批判されたりするので、

 

いちいち人の考えにはあれこれ言わないようにしています。

 

 

しかし、低過ぎる目標を掲げている人には、あまりにもったいないから、ちょっとツッコミたいです。

 



 

例えば、あなたの息子さんが高校に入学して、野球部に入るとしましょう。

 

 

「かなりチームが勝っているときにたまに代打に出させてもらう補欠になりたい!」

 

とか言っていたら、さすがに見過ごせなくないですか?

 

 

「え、それぐらいなれるっしょ」ってツッコミたくなりませんか?

 

 

それと同じことなんです。

 

 

超強豪チームならそんな目標も現実的かもしれませんが、

 

ごく普通の一般校で「かなりチームが勝っているときにたまに代打に出させてもらう補欠になりたい!」と目標を立てるのはやはり、

 

目標が低過ぎて意味がないと思ってしまいますよね。

 

 

「副業で毎月5万稼ぎたい!」

 

「不動産投資で毎月10万ぐらいの収入を得たい」

 

というのは、目標としてはあまりに低過ぎるので、

 

まずはそういう目標を立ててしまうという、自分の自信のなさを改善することが先決です。

 

 

廃墟不動産投資で毎月5万や10万を稼ぐなんて、1年もしっかり活動すればさすがに楽勝です。

 



 

しかしながら、そんな少ない数字では日々の生活を変えたり本当にやりたいことに取り組んだりできないはずなので、

 

目標はもう少し高めというか、逆の意味で現実的になってもらいたいです。

 

 

「副業で毎月5万稼ぎたい!」

 

というのは、堅実で現実的な考えのように思われるかもしれません。

 

 

実は、低過ぎて逆に非現実的です。

 

 

普通の高校の野球部に入学して、そんなに運動神経が良くなくて大して練習もしていない部員が一応レギュラーになっているのに、

 

必死で練習して「かなりチームが勝っているときにたまに代打に出させてもらう補欠になりたい!」と思っている部員がいたら、

 

「いやいや、なれるから、そんなの。それより、『この弱小チームを俺だけの力で甲子園に連れて行ってやる!!』みたいな漫画に出てくるような目標を持てよ。」ってツッコんでしまいます。

 

 

廃墟不動産投資で毎月5万や10万を稼ぐことを目指している方がおられましたら、

 

こちらへご連絡ください。

 

 

「さすがにもうちょっと稼げますよ」ということをツッコミます。

 

 

完全な匿名で、ブログのネタにさせていただくかもしれません。

 

 

人気ブログランキングに参加しました。

ぜひクリックいただけると嬉しく思います。


↑廃墟不動産投資家のランキングは今、何位?

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です